木村拓哉くん、SMAP解散後の主演ドラマに闘志を燃やす「要は数字を取ればいいんでしょ」

31

5人そろったSMAPの姿を見ることはもうできないのだろうか? Xデーは刻一刻と迫ってきている。そんな中、木村拓哉と草なぎ剛の2人はというと、SMAP解散後の1月から放送されるドラマの撮影に臨む毎日だという。

「木村さんが『A LIFE 〜愛しき人〜』(TBS系)で演じるのは、心臓外科と小児外科を専門とする医師です。これまで美容師やパイロットなどを演じてきましたが、医師役は初めて。役作りのために実際のオペを見学したりして気合十分のようです」(TBS関係者)

撮影現場は日々、活気に満ちあふれているという。12月初旬のこの日も、下町の商店街にある寿司屋さんに撮影クルーがやってくると、地元の人々が集まり始めた。

「狭い路地のこぢんまりとした店なので、スタッフが近所に“ご迷惑をおかけします”と記した紙を配っていたんです。ドラマ名も書いてあったので“キムタクいつ来るの!?”と騒ぎに」(近所の住人)

午後2時過ぎにロケバスから木村が現れると、集まった人たちから“キャー”という悲鳴があがった。

「スーツケースを引きながら現れた木村さんは礼儀正しく一礼していました。現場がギャラリーでごった返していても、気にしないでスタッフや共演者と笑顔で話し込んでいましたよ」(前出・近所の住人)

今まで何本もドラマに出演している木村だけに、緊張している様子はまったく見られない。

「木村さんの現場は集まってくる見学者が多いから、その整理に神経を遣うんですよ。だからいつもスタッフがピリピリしているんですが、木村さんは笑顔でいることが多いですね。共演者はもちろん、若いスタッフたちにも気軽に声をかけてくれて、現場は和やかな雰囲気に包まれています」(ドラマ制作スタッフ)

現場の雰囲気は上々だが、TBS内では作品を不安視する声もある。最近の木村はドラマで以前ほど視聴率を取れていないからだ。解散報道で“裏切り者”のイメージがつき、彼を嫌うファンも増えたというから、共倒れするリスクを恐れて共演者がなかなか決まらなかったとも。

全文は以下にて。
情報源: 木村拓哉、SMAP解散後の主演ドラマに闘志を燃やす「要は数字を取ればいいんでしょ」 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する