最後の「ビストロSMAP」視聴率、タモリで“ガガ超え”急上昇

53

19日に放送されたフジテレビ系「SMAP×SMAP」(月曜・後10時)の、平均視聴率が16・3%の高い数字を記録したことが20日分かった。前回の9・8%から6・5ポイント急上昇した。

同番組は12月31日で解散するSMAPが5人そろってレギュラー出演する唯一の番組。26日の最終回に向けて、ファンの注目が集まった形だ。  今回は人気コーナー「ビストロSMAP」の最終回。最後のゲストとして、「笑っていいとも」「27時間テレビ」など数々の番組で共演し、SMAPの5人とプライベートでも親交のあるタレント・タモリ(71)が登場。木村拓哉(44)稲垣吾郎(43)ペアと草ナギ剛(42)香取慎吾(39)ペアに分かれての料理対決のテーマも「タモさんに食べさせたい料理」だったが、「最終回だから判定はいいでしょう」「どちらもおいしかった」とタモリ。判定を下すことなく引き分けとし、ラストでは、解散する5人に「長い間ご苦労さまでした」と星型のオブジェを贈呈した。

全文は以下にて

情報源: 最後の「ビストロSMAP」16・3% タモリで“ガガ超え”6・5ポイント急上昇 – ライブドアニュース