書類送検騒動 被害者グループに黒い噂

6

山下智久の書類送検騒動 被害者グループに黒い噂 – ライブドアニュース.

ジャニーズ事務所の“山ピー”こと山下智久が今年6月に東京・六本木の路上で口論になった女性の携帯電話を持ち去ったとしてトラブルになり、21日に器物破損の疑いで書類送検された。

 女性側とは示談が成立し、不起訴となる見込み。これが一般人なら報道するまでもないが、今回は天下のジャニーズタレントということで大々的に報じられてしまった。

 だが、そもそも山下だけが悪いのか? トラブルの元凶は酒グセの悪い錦戸亮で、被害者グループの1人の男性がタレントデビューを控えていたことを聞き「おまえなんか無理だよ!」と無礼に言い放ったことが、すべての始まりだったとされる。

 一方で被害者グループに関しても、こんな話がある。

「実は被害届を提出したのは事件後すぐではない。その間、被害者グループの先輩に当たるコワモテ男性が介入してきて、被害者グループに入れ知恵したと言われています。今回の事件でジャニーズは相当額を示談金として被害者サイドに支払ったという情報もある。トラブル自体は山下たちに非がありますが、そこから先はキナ臭い話になっていたんです」(舞台裏を知る人物)

 その山下は22日、主演映画『近キョリ恋愛』の舞台挨拶に登場。約400人のファンを前に「皆さま。本日はお忙しい中、お集まりいただきましてありがとうございました。この度は僕の行動でたくさんの方にご迷惑、ご心配をおかけしたことをこの場を借りてお詫び申し上げます」と深く頭を下げ謝罪した。

 本当のワルは誰なのか――。それはファン1人ひとりが決めることだろう。

cyzoより