日刊ゲンダイ|瀕死の「月9」ドラマ 今や芸能事務所が“最も避けたい枠”に

89

7月にスタートするフジテレビ系月9ドラマ「恋仲(仮題)」で俳優の福士蒼汰(21)が主演を務める。福士は初めての月9で、ゴールデンタイムの連ドラ主演も初。主演映画「ストロボ・エッジ」がヒットするなど、乗りに乗っているが、まだデビューからわずか4年にもかかわらず、ドラマ界の看板枠に大抜擢されたのはなぜか。 「もはや月9枠に昔のようなブランド力はない。フジといえば何をやっても視聴率が取れず崖っぷち。先ごろ、人事でも大ナタが振るわれ、番組に起用するタレントたちも大幅な若返りをはかろうとしています。その先鋒として福士が月9に起用された」(テレビ関係者)

情報源: 日刊ゲンダイ|瀕死の「月9」ドラマ 今や芸能事務所が“最も避けたい枠”に