恋愛ドラマ出演の滝沢秀明くん 難しい役に「やるべきか悩んだ」

60

自身が演出する舞台とは違い、役者に徹し演じるドラマ。どちらも滝沢自身であることに変わりはないが、12日にスタートしたドラマ『せいせいするほど、愛してる』(TBS系、 火曜22時~)では「滝沢秀明感」をゼロにし、ドラマの中にしか存在しない人物を演じている。

「キュンキュン、ドキドキさせているのはぼくじゃなくて(滝沢演じる)三好海里だから」と繰り返す彼。甘い台詞に戸惑いながらも、等身大の大人の男を演じる滝沢に迫った。

出演するドラマ『せいせいするほど、愛してる』は、高級宝飾ブランド・ティファニー ジャパンの副社長を演じる既婚者の滝沢と、広報部で働くOL・武井咲の恋愛を軸に“せいせいするほど”ひたむきで、限りなく純粋な大人の群像劇。

「障害のある恋愛ドラマなので、自分がやるべきか非常に悩みました。社会規範に対してもそうですし、ドラマなんだけど視聴者のかたはこれを見てどう思うのか。婚外恋愛は本人たちがよければいいと思うけれど、不倫となるとふたりだけの問題じゃなくなるから。でも台本を読んで、年齢によって見え方が違うのかもしれない!と思ったら、出演させていただきたいと思えましたね。

全文は以下にて

情報源: 恋愛ドラマ出演の滝沢秀明 難しい役に「やるべきか悩んだ」│NEWSポストセブン