嵐『ワクワク学校』Hey!Say!JUMPが語る「意外だった」嵐メンバーの共演舞台裏

73

恒例イベント『嵐のワクワク学校2015』が、6月6日・7日に京セラドーム大阪で開催された。2011年に東日本大震災チャリティーイベントとしてスタートした『ワクワク学校』は、嵐のメンバーが“先生”、観客が“生徒”となって授業するイベント。今年は「日本がもっと楽しくなる四季の授業」がテーマで、新たな試みとして後輩であるHey!Say!JUMPのメンバー9人が生徒役で初参加。終始、和やかな雰囲気の中でイベントが行われたという。

今年の『ワクワク学校』はステージ周りにはテーマに沿って四季のセットが組まれており、田んぼのセットでは出演者が「田植え」をする場面も。夏の授業は全員が浴衣姿を披露したほか、「福男選び」の200メートル走を繰り広げ、客席も大盛り上がりとなっていたようだ。

そして初日終了後、伊野尾慧と八乙女光とパーソナリティを務めているラジオ番組『らじらー! SATURDAY』(6日放送、NHKラジオ第1)では『ワクワク学校』の裏話が展開された。嵐とHey!Say!JUMPが合同でイベントをやるのは初めてで緊張していたというJUMPメンバーだが、「嵐さんのフォローのおかげで楽しくイベントができました」(八乙女)と、安堵の声を漏らしていた。

さらに嵐メンバーの印象について八乙女は「本当に、同じ目線で話してくれますよね」と、感動。嵐とJUMPメンバーは話をしながらリハーサルを進めていたそうで、これまで接点のなかった面々とも交流が持てたようだ。「大野(智)くんとほとんどしゃべったことなかったんですけど、リハーサルやってるときにちょうど隣に立ってたら肩ぽんぽんって叩かれて、いきなり『12時過ぎたよ』って」 と、伊野尾が大野との出来事を明かすと、八乙女も相葉雅紀との交流を振り返り、「最後に『ふるさと』という校歌を歌うんですけども、まぁ歌詞がちょっと長いんで覚えるのも難しかったりするんですけども、相葉君が僕に『この歌詞覚えるのは難しいよね~』って言ってきてくれたりとか。そういうふうに自然と話をしてくれる感じが意外でした。(中略)いのちゃんに関しては嵐のみんなから『飯尾!』って呼ばれてたもんね」(八乙女) と、裏話を告白。

情報源: 嵐『ワクワク学校』、Hey!Say!JUMPが語る「意外だった」嵐メンバーの共演舞台裏|サイゾーウーマン