山田孝之くん 将来は脚本家?に「クソみたいなものを書くかも」

17

山田孝之(31)主演のドラマ『REPLAY&DESTROY』(発売中)のDVD&ブルーレイ発売記念トークイベントに、山田と飯塚健監督(36)が登場した。

同作は、飯塚監督がメガホンを取り、2011年に携帯電話向けドラマとして制作され、注目を集めた作品。2014年にキャストとスタッフが再結集し、連続ドラマ化され、TBS・MBS系列で放送されたものだ。

内容は、男3人のシェアハウスを舞台に、映画監督を目指す、日本一偉そうなフリーター・横山要とその仲間たちの日常を描く物語。山田は、主人公の横山を演じている。

企画者としてもこの作品に関わっている山田は、「今回は勉強させてもらったようなもの。『こういうの、どうですか?』と、ちょっと案を出したくらい。これからたくさん勉強して、もっと面白いことをどんどんできるようになったらいいな、と。今回、その第一歩の場を与えてもらった感じです」と、語っていた。 この日、山田は会場まで徒歩で来たそうで、「友達とそばを食べてきたんですけど、超暑くて買うものもないのに店に入って、買う振りをして1時間くらい涼んでいました」と明かしていた。

情報源: 山田孝之 将来は脚本家?に「クソみたいなものを書くかも」│NEWSポストセブン