山田孝之くん&福田雄一氏がミュージカル喜劇で再タッグ、W主演に柿澤勇人くん

21

ミュージカル『シティ・オブ・エンジェルズ』が、2018年9月に東京・初台の新国立劇場 中劇場で上演される。

『シティ・オブ・エンジェルズ』は、1989年にブロードウェイで初演され、『トニー賞』で作品賞を含む6部門に輝いたラリー・ゲルバート作のミュージカルコメディー。作曲はサイ・コールマンが手掛けた。今回の公演では山田孝之と柿澤勇人が主演を務め、『勇者ヨシヒコ』シリーズの福田雄一が演出と上演台本を担当する。

1940年代後半のハリウッドを舞台に、映画のシナリオライターとしての夢を叶えるためにハリウッドにやってきた新進作家の悪戦苦闘を、笑いを交えながら描いた『シティ・オブ・エンジェルズ』。自作の小説『CITY OF ANGELS』の映画化に携わる作家のスタインは、ハードボイルド小説に登場するフィリップ・マーロウやサム・スペードのような私立探偵・ストーンを自らの理想像として描こうとするが、執筆に苦戦する中で次第にシナリオの世界と現実世界の出来事に混乱しはじめ、様々な事件が巻き起こるというあらすじだ。

山田孝之はシナリオ中に登場する私立探偵のストーン役、柿澤勇人は作家スタイン役を演じる。

チケットは一般発売は2018年春を予定。地方公演も行なわれる。詳細は後日発表。

情報源: 山田孝之&福田雄一がミュージカル喜劇で再タッグ、W主演に柿澤勇人 – 舞台・演劇ニュース : CINRA.NET