宮沢りえさんと熱愛の森田剛くん“やんちゃ”な過去…

59

女優・宮沢りえ(43)との熱愛が発覚した、V6の森田剛(37)。2人は10月22日から23日にかけて東京・渋谷の「蔦屋書店」でデートをしたのち、共に宮沢が娘と暮らす自宅へ。ジャニーズ事務所は取材に対し、「プライベートなことは本人に任せています」と答えた。

過去の数々の“やんちゃ”で知られる森田。「2000年3月、ジャニーズ事務所に4人の男が殴り込みを掛けましてね」

こう振り返るのは芸能関係者のひとり。「“森田を出せ”と社員の胸ぐらを掴む勢いで、事務所が110番通報して刑事が駆け付ける程だった。この急襲は、ある芸能プロ社長の意を受けてのこと。彼らの言い分は、“ウチの女優を森田らが輪姦した。謝罪しろ”というものでした」

実際に騒動の最中、メリー喜多川副社長が蹴飛ばされて負傷するなど、穏やかならざる事件だった。森田は強姦で、来襲者は暴行でそれぞれ刑事告訴と、泥仕合が展開される。もっとも、結局のところ、「その女優は社長の愛人(オンナ)だったんです。彼女は彼の束縛に耐え兼ね、森田と一夜を共にしてしまった。その事実を知って逆上した社長がジャニーズ事務所に喧嘩を売ったというのが事の真相。要するに和姦で、レイプなどありませんでした」(同)

「その直後にも、当時顔が売れ始めた希良梨というタレントとの“乱痴気”写真が『フォーカス』の誌面を飾っています。森田は上半身裸で女と密着していましたね」(同)「森田のオンナ関係については……」 と、これは芸能記者の話である。

「上戸彩と8年くらい交際していましたが、煮え切らぬ森田を彼女は待ちきれず、別れた。それからAV女優と半同棲生活を送り、女性誌の直撃を受けたときには、“オレは何を書かれてもいいけど、彼女は大変なんです”と男気を見せる場面も。彼女の左薬指には指輪があったのに、今年の春には終わっちゃいました」

全文は以下にて。

情報源: 宮沢りえと熱愛の森田剛、その“やんちゃ”な過去…強姦で刑事告訴、タレントとの乱痴気写真 (デイリー新潮) – Yahoo!ニュース