堂本剛くんの代打で堂本光一くんが登場! リスナーからの恋愛相談に“愛ある”辛口説教でアドバイス!

81

リスナーから届いた手紙は、「私は現在29歳、彼氏がいない寂しい女の子です」という文面から始まった。リスナー本人が、これまで経験してきた恋愛では相手に尽くしすぎる傾向があり、「男性目線で尽くしすぎる彼女は厄介か?」という疑問を抱えているよう。

光一はこの相談に対し、「オレは非常に辛口なことを言います。『なんやねん、光一。ウザいわ、お前に相談したんちゃうわ』って思うかもしれませんけど」と攻めの姿勢を宣言。その後、「『私尽くし過ぎるんです』って言ってる人、これはちょっとどうかと思うんですよね。自らそういうこと言う人、オレ的にちょっとね(笑)」とリスナー本人に対して指摘を始めたのだ。

だが、その発言の真意は「29歳で結婚していない人は多いし、1人の人として、仕事でバリバリ男よりも働ける女性増えてますし。だから全然、『寂しい女です』みたいな自分で卑下する必要性もないのかなとボクは思います」というもの。リスナーに対してフォローの意味を込めた発言だったのだ。

その後も辛口アドバイスは続き、「ただ尽くし過ぎる宣言は、ボクはちょっとひっかかりますね」ともう一度指摘を入れる。「別にしたくてしてるんやからいいんですよ。尽くし過ぎてくれる人が、オレはイヤかって言ったら、イヤじゃないです」と、実際のリスナーからの質問にやっと回答した。しかし、光一の回答はここではまだ終わらず、「だけど、『私はこれをやってあげてるのに』みたいになるのイヤです。『私、食器片付けてるのに』みたいな。じゃあ、片付けんかったらええやんって思う(笑)」とのこと。

このリスナーからの質問に答えている途中、「剛くんだったらもっと優しい言葉を投げかけたかと思うんですけど(笑)」とも話していた光一。「ま、こういうコーナーは、ボクは苦手ですね」と言葉を残していたが、リスナーに寄り添った、名回答だったとのでは。光一の新たな一面が見えた。

情報源: 剛の代打でKinKi Kids光一が登場! リスナーからの恋愛相談に“愛ある”辛口説教でアドバイス!|ジャニーズ研究会