堂本剛くん 光一くんとの不仲説に「弁解するのもめんどうくさい」

102

デビュー20周年イヤーに突入するKinKi Kids。その第1弾となる36枚目のシングル『薔薇と太陽』が発売された。堂本剛(37才)と堂本光一(37)はともにソロ活動を確立させながらも、KinKi Kidsとして共に歩き続けて20年。2人の関係について剛が語る。

KinKi Kidsもぼくのソロも基本やっていることは同じ音楽です。ブランドこそ違うけれどスタンスは変わらないです。ぼくにとって音楽は自己表現ができるツールなんです。その音楽に巡り会わせてくれたジャニーさんには本当に感謝しています。

ぼくらは仲が悪いって言われることもありますが、お互いが干渉をしないだけなんですよ。趣味も興味のあることも全く違うから、光一のことは到底理解ができないんです。彼なりのこだわりみたいなものすら理解ができないんですが、それなりに考えてでてきた答えなので否定はしません。なぜならぼくにはない概念を持っているので、そのときは「なるほどね」って素直に聞き入れます。

KinKi Kidsは2人で活動していて、同じ方向を向いてるわけではないのですが、同じ場所には立っているんです。それでいいんだろうなって思います。仲が悪いという都市伝説を作り上げられて20年。弁解するのもめんどくさくなりました。この関係性は今後も変わることはないと思います。彼は彼、ぼくはぼくの人生を生きている中でKinKi Kidsがあるんです。

全文は以下にて

情報源: 堂本剛 光一との不仲説に「弁解するのもめんどうくさい」│NEWSポストセブン