堂本光一くんも否定!滝沢秀明くん「独立組はアホ」報道を再検証

228

「感謝するのは当たり前。それをわからなかったらアホでしょう」

一見すると手厳しい発言を放ったのは、タッキー&翼・滝沢秀明。「週刊文春」(文藝春秋、9月21日発売)に掲載され、ジャニーズファンのみならず大きな話題となったことが記憶に新しい。

これは同誌が今年9月に滝沢を直撃取材した際のコメントで、ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長と、SMAPの元チーフマネジャー飯島三智氏の間の“派閥問題”について問われたときに飛び出したもの。この発言の前に滝沢は、「派閥があろうがなかろうが、関係ないですよ。うちのタレントは事務所に守られているけど、それぞれ自分の仕事は自分で決めてますから」と説明。事務所に所属するタレントは全員、ただの少年から人気アイドルへと人生を変えてもらったことに「ただ恩返しをしているだけ」と語り、「感謝するのは当たり前~」というコメントに続いて発せられたものだ。

滝沢はあくまでも「所属事務所には感謝しなくてはならない」と考えを述べているだけなのだが、この記事が出た直後、ニュースサイト「東スポWeb」が「滝沢秀明がSMAP糾弾! 独立組の4人は『アホ』」という見出しで「週刊文春」の記事を紹介。今年いっぱいのグループ活動終了が発表されているSMAPの名前を出し、滝沢がSMAPメンバーを批判したかのような記事として配信したのだ。

今年1月に巻き起こった「SMAPの解散・分裂騒動」の際には、飯島氏が事務所を退社することにより、中居正広をはじめとする“独立派”と、“残留派”の木村拓哉に分かれ、グループが解散の危機にあると報じられていた。「東スポWeb」は、この“独立派”に対して滝沢が「痛烈に批判するような強烈な言葉を口にした」と伝えており、記事を読んだファンに大きな衝撃を与えていた。

しかし前述の通り、滝沢は「週刊文春」のインタビューで「SMAP」という言葉は口にしておらず、“独立派”を批判したとは断定できない。

全文は以下にて。

情報源: KinKi Kids光一も否定! 滝沢秀明の「独立組はアホ」報道を再検証|ジャニーズ研究会