厳戒態勢『スマスマ』収録でSMAP5人が凍りついたサバンナ高橋氏の余計なツッコミ

141

1月に独立騒動を生謝罪して以降、スタジオ内への関係者以外の立ち入り禁止措置がとられ、厳戒態勢で収録が行われている『スマスマ』。ファンによる番組観覧も、VTRに後から声だけをかぶせる手法がとられるなど“生の5人”をいっさい見せていないSMAPのメンバー。

「『BISTRO SMAP』でのメンバー間のかけ合いがほとんどなく、殺伐とした雰囲気がテレビを通しても伝わってくるほど。もともと仲よしグループではありませんが、とくにキムタクが孤立するような場面が目立っていましたね」(スポーツ紙記者)

それでも5人のいびつな関係は、徐々に和らいできていたように思えた。遺恨の残る木村拓哉と香取慎吾が目を合わせることはないものの司会の中居正広は木村とも自然な振る舞いを見せるようになった。そんな姿にファンも「笑顔が戻った」と、解散撤回の希望を見いだしていたのだった。

ところが、である。メンバーたちの本当の“現在地”を知らしめる情報が舞い込んできた。その“事件”は「今年の最低視聴率6・4%を記録」などとニュースになった、11月14日放送の『BISTRO』で起きていた。

この日のゲストは“ビストロ初登場芸人”として陣内智則、小籔千豊、サバンナ、サンドウィッチマン、平成ノブシコブシの8人が登場。メンバーが料理を作る間、中居とのトークでひとしきり盛り上がった後、芸人たちは調理スペースに移動して4人と対面した。

「観客のいないスタジオですから、現場はシーンとして、小籔さんらも恐々とした表情を浮かべていました。中居さんと芸人さんたちが繰り広げていたトークに反応することなく、木村さんらメンバーは黙々と無表情で料理していたわけですから。サバンナの高橋(茂雄)さんが“確かにコレ緊張しますね”とつぶやくと、現場は少々和みましたが……」(制作会社関係者)

トークは各芸人ひとりひとりの特技を木村、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取が当てるクイズ形式で進められた。さすがのプロの芸事に次第に表情もほぐれ、中居も含めたメンバーの笑い声がスタジオに響き渡るようになっていった。

情報源: 厳戒態勢『スマスマ』収録でSMAP5人が凍りついたサバンナ高橋の余計なツッコミ | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する