元SMAP3人の涙も!大成功に終わった72時間ホンネテレビ

15

11月2日夜9時から放送され、5日夜9時に無事終了を迎えた、「72時間ホンネテレビ」(Abema TV)。

 元SMAP・稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の「ジャニーズ退所後初共演」ということで話題を呼んだ同番組は、なんと、3日間で合計7200万以上という、驚異的な視聴数を叩き出した。

 加えて、番組関連の総ツイート数も約508万件を超えるなど、凄まじい反響を呼び、3人の持つ人気や影響力が改めて感じられる結果となった。

 3人は、グランドフィナーレとして、「72曲生ライブ」を決行。

 草なぎの「僕ら曲がないので、アーティストの皆さんの曲を」という言葉通り、SMAPソングは封印し、他アーティストの曲を披露した。矢沢永吉の「止まらないHa~Ha」、堺正章の「さらば恋人」など、番組に縁のあるアーティストの曲も熱唱し、会場を大いに盛り上げた。

 72曲全てを歌い終えた3人は、観客からの温かい拍手に「ありがとう!」と笑顔で対応。3日間ぶっ通しの生放送を、「72曲生ライブ」という、豪華なステージで締めくくった。

 また、番組終盤では、3人が目に涙を浮かべるシーンも放送された。これまで登場した著名人たちからのメッセージVTRや、視聴者からの応援コメントなど、様々な方面からの温かいエールに、思わずグッときてしまったのだろう。

 放送中はもちろん、放送終了後も、世間の反応は止まらない。

 ネット上には、「面白かった」「楽しそうで何よりだった」「この3人でもやっていける」として、番組内容はもちろんのこと、3人を賞賛する声が殺到。また、「やっと素直に泣けた3人を見て感動した」「なんとも言えない気持ちになった」「稲垣があんなに泣くの初めて見た」「色々堪えてたんだろうな」など、3人の涙に対しても、様々なコメントが寄せられていた。

 あらゆる壁を乗り越えながら、着実に「新しい地図」を描いている3人。そんな3人にとって、番組の成功や多くのエールは、実に感慨深く、喜ばしいものだろう。「嬉し泣き」で涙を流した後は、再び前を向き、ぜひまた、今回のような新たなチャレンジを試みてほしい。

 ちなみに、今回のネット放送が大成功したことで、テレビ局は脅威を感じているようだ。こちらは、別の意味で涙しているかもしれない。
http://npn.co.jp/article/detail/55398095/