元スタッフが明かしたツートップ 亀梨和也くんと赤西仁くんの確執

157

3月いっぱいでKAT-TUNから脱退しジャニーズ事務所を退社したばかりの田口淳之介。残された3人の亀梨和也、中丸雄一、上田竜也は3大ドームツアー『KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR“10Ks!”』の真っただ中。

ファンの信頼を裏切るかのような脱退劇は、メンバー間の確執ばかりを浮かび上がらせ、信頼など消し去ってしまったかのよう。デビュー当時6人だった彼らには、もう友情など存在しないのだろうか。

今月22日に緊急出版される書籍『KAT-TUN 6粒の涙』で、そんな6人の関係性やこれからについて元スタッフが証言している。

初期の亀梨と赤西仁が出演した、あるCM撮影現場でのやりとりを元スタッフのひとりが、当時を思い出して教えてくれた。「赤西の身体つきがわりと筋肉質だったんで、CM撮影のスタッフさんが“いい身体していますね。鍛えているんですか?”って聞いたんですよ。その人は単にコミュニケーションのつもりだったんでしょうけど」 赤西の返事は、「はい。ジムに通って鍛えています」といたって普通。だがスタッフが気になったのは、続くひと言。「亀梨みたいに細いとちょっとね」 元スタッフは瞬間、ふとした違和感を覚えたという。そのCM撮影は、ふたりが時間差でスタジオに入っての別録りだった。

驚いたことに数時間後、同じ場所に入れ替わりで現れた亀梨も、赤西について残した言葉があったという。「メーキング映像でカメラを回していたんですけど、亀梨のコメントを録ろうとしたときでしたね。“さっき赤西くんの撮影をしたんだけど、彼はこういうのが苦手って言っていたね。亀梨くんはこういうのは上手そうだから、よろしくお願いします”って撮影スタッフが水を向けたんですよ。そうしたら、“あいつ、ほんとに言い訳野郎だな”って」

そのときの亀梨は、周囲に聞こえてもかまわないといった感じだったという。ツートップの確執、そしてグループの“その後”を暗示させるエピソード、結成時の不協和音も同書には描かれている。

全文は以下にて。

情報源: 元スタッフが明かしたツートップ・亀梨和也と赤西仁の確執|週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する