健ちゃん+翔やん、来年も4649!

11

今年は、前半は「タイガー&ドラゴン」意外は本当にダルダルでピピピ、健ちゃん&氣志團共に(私としては)何もイベントがなくって寂しかったポロリんですが、後半、一気にイベント尽くし桜となりまして、なんか「終わり良ければすべて良し拍手」という言葉にふさわしい年末を迎えております。
軽~く丸め込まれた感じも残ってはおりますがふぅ~ん・・・。
でも、V6も氣志團もアルバム、ライブ(ギグ)共に内容が著しく良かったグッドので、すんごく満足していますラッキー。健ちゃんの髪型さえペン例年通りであれば、更に萌え萌え気分が倍増したと思います。
くすん悲しい
名古屋のツアーファイナルでは健ちゃん泣いちゃった汗そうですね。
しかも、アンコールでの会場の盛り上げ企画の時ではなく、それより遥か前の本編ラストで泣いてしまったそうでイヒヒ・・・。
聞いてるだけで萌え~ぇっっっラブラブハートラブラブ
しかし、「それぞれの空」って本当にグッモゴモゴとくる曲ですよね。
健ちゃんは、私が見た時でもあれだけ感情込めて歌ってカラオケいたので、きっとしみじみとツアーファイナルを噛み締めて感極まってしまったんでしょうさくらんぼ
彼は子供ながらに自分の人生を変える為にこの世界に入ったんだと思うんですよ。そして、見事に変身できて、輝くひらめき青春時代をV6で送ったわけですから、振り返ればファンの方女、スタッフの方嬉しい、家族、ワンコたち犬、いろいろな人たちの顔男が浮かんでいったことでしょう。私が現場にいたら、間違いなくおいおいあめ声に出して泣いていたことでしょうなムニョムニョ
あとは、ライブDVDCDを待つばかり。
本当に楽しみ!!
そして、私にとってのもう一人のアイドル、誇り高き團長、翔やん。
勝負野球の年だったねぇ~。
周りの環境も随分変わったろうし、ランマちゃんがカンバックして「氣志團現象」にもピリオドを打って、ある意味新生・氣志團のスタートだったわけだけど(ハタ目にはなーんも変わってなさそうに見えるところが気の毒でありまする・笑)本当に團長のハートラブの奥の奥からハミ出してる「ハートハート」をいっぱいに貰った年でしたポッ
氣志團は改めてバンドとして一つ壁を越えたなってGO!実感するし、人間としても皆すごく大人になっちゃったと思います。微熱DANJIも含め、いつも男闘呼塾のムサ苦しく熱いハートに私は秘かに感Doポロリしています。
紅白で何してくれるのか、ちょっとドキドキですがたらーっ
また、V6と一緒に仕事してね。
待ってるZ!
そして、アイドルハーレムにいらして頂いてる皆さんへ。
個々人きっと今年もいろいろな出来事があったことと思いますが、いつもくだらないブログ鉛筆にお付き合い下さってありがテン!
どうぞ、2006年も4649凧
来年は「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」で燃え尽きましょう!トバすぜぇぇ~