個展「FREESTYLE」に行ってきました~

14

朝6時には整理券が消化、という話を聞いていたので、もう大ちゃんの個展は見れないな~ってあきらめていたんですよ。
でも、J-webでの応募抽選になったというので、早速申し込んだところ本日分で無事当選!!いそいそと表参道まで出かけて参りました!
で、個展はとても素晴らしかったです。
空間の取り方も、展示方法も、そして照明や演出もシンプルだけど、非常に見やすく作品にあったカジュアルさと、それでいてモダンで洗練されてて・・・。
15分刻みぐらいで次のグループが入場してくるので、ちょっと落ち着きませんが、でもひしめき合うほどではないので、ほどよく見られました。もう少し作品に近づいてじっくり見れたら1時間はたっぷりかかるでしょうね。正味40分くらいは見てたのかな~。
作品にタイトルがなくて、素材も明記されていないので「これはアクリルかな~」、「エッチングに見えるけど、大ちゃんのことだからペン画なのかな?」と想像を膨らませながら鑑賞してましたけど、いや~、とんでもないところに才能って植わっているもんだと(笑)。
立派にアーティストとして生計立てられますよ!!
ただ、基礎がちょっと粗いかも。
石井竜也をずっと見てきた私の目だと、フィギュアの造形や塗装も、どっか「雑」なんですよね。
でも、そこがね、大ちゃんの”めんどくせー”って雰囲気に合ってて「味」なんですけどね。
いわゆる原型士さんたちのワーキングと比較してしまうと・・・、まぁ、彼らの場合は”プロ”としての仕事ですからね。大ちゃんは「趣味」ですから。
そう考えたら天才ですよ!
アイドルにこれ以上やられたらプロはたまんないもの。
黒人にする意味もすごく理解できます。
白いよりもずっと統一したモチーフでのバリエーションが活きるし、何より色彩の上がりがヴィヴィドで美しいんですよ。
フィギュアに関しては、目や歯の塗装とギミックが楽しい。
彼のファッションセンスは非常に高いと思います!
アタマだけなのにね、全身を感じますから。
個人的にすごい好きなスケッチがあって、「ライター」とか「スプレー」って作品なんですけど、これって、作品集に収録されてるのかな~。
そうそう、「ラクダ」もね、すごいよ~アレ!
カラーとモノとあるんですけど、ハンパない。
あと、子供の頃の画日記とかノートに書いたマンガとかも大ちゃんらしくて微笑ましかった。絵の道具やフィギュアの樹脂型なんかも展示されているので、ファンの方は何があっても必見の個展かと。
どうか、少しでも多くの方が見れますように・・・。