二宮和也くんと大野智くん 嵐の新アルバム売れ行き鈍化はふたりの熱愛スキャンダルが原因か

81

「なんでこうなったんだろうね(苦笑)。空っぽになりたかったんだろうね。たぶん今年は、僕の中でよく働いたと思うんです。ドラマやって映画やってね。アルバムやるときに、僕は空っぽになりたかったんだと思う」

10月27日、自身のラジオで流したソロ曲『Bad boy』をあらためて聴いていた嵐の大野智。俳優「大野智」として燃え尽きた結果、得意の歌ではなくダンスナンバーに偏ってしまったことに、自ら“ダメ出し”した。

それが影響したとは思えないが、大野のソロ曲も収録された、10月26日発売の新アルバム『Are You Happy?』に異変が起きた。オリコンランキングで見事、週間1位に輝くも手放しで喜べない事情があるのだという。

「昨年の『Japonism』は、発売からの初動3日間で70万枚、週間セールスは82万枚超え。最終的にはミリオンを記録しました。ところが今回は初動56万枚、週間65万枚と前作から10万枚以上も減らしているんです。

初動セールスは発売前の予約枚数などを含めた数字ですから、予約をしてまで買いたいファンが少なかったということでしょう」(音楽雑誌編集者)

このCD不況のご時世で、ほかアーティストであれば65万枚は大大ヒットだ。しかし、国民的アイドルとして明確に数字を落としてしまったことは、“人気の陰り”ととられてしまうおそれも。

全文は以下にて。

情報源: 二宮和也と大野智、嵐の新アルバム売れ行き鈍化はふたりの熱愛スキャンダルが原因か | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する