亀梨和也くんと山下智久くんが結成する「亀と山P」に複雑な”大人の事情”

71

日本テレビの土曜9時のドラマ枠を、10時帯に移しての第1弾となる『ボク、運命の人です。』の主演を、KAT-TUNの亀梨和也(31)が務めることが発表された。4月からスタートする同ドラマの共演者には、ヒロインとして女優・木村文乃(29)の出演が決定している。さらに、山下智久(31)も出演することも決定し、ドラマ主題歌を、亀梨和也と山下智久による特別ユニット「亀と山P」が担当することも発表された。

亀梨と山下は、12年前の同枠で放送されていたドラマ『野ブタ。をプロデュース』(同)でユニット「修二と彰」を結成。修二と彰が歌った、同ドラマ主題歌『青春アミーゴ』は、耳に馴染みのしやすいメロディーラインがウケて当時のオリコンミリオンセラーを記録するなど、ドラマ視聴者以外の幅広い年齢層に親しまれるユニットとなった。そんなユニット再結成に、ジャニーズファンからは喜びの声が挙がったようだが、一部では残念に思うファンもいたようだ。

「特にこの知らせを受けて驚いたのは、KAT-TUNファンです。KAT-TUNは昨年5月から充電期間に入っており、このドラマの主題歌を担当することで再始動すると思っていたファンも多かったようです。そのため、この突然の“修二と彰コンビ再結成”の発表に、再始動がもっと延びるのではないかと複雑な心境を抱いているようです」(芸能記者)

ドラマ放送期間中となる5月で、充電から1年経過することになる。

全文は以下にて。

情報源: 亀梨和也と山下智久が結成する「亀と山P」に複雑な”大人の事情” – エキサイトニュース(1/3)