中山優馬くんが歌舞伎初挑戦「緊張」海老蔵さんと初共演

19

中山優馬(23)が、歌舞伎俳優市川海老蔵(39)の自主公演「ABKAI 2017」(6月9~25日、東京・渋谷Bunkamuraシアターコクーン)に出演、歌舞伎に初挑戦することが26日、分かった。

演目は「石川五右衛門 外伝」。人気漫画「金田一少年の事件簿」「神の雫」などの原作者、樹林伸氏が手掛ける。海老蔵はこれまで樹林氏による「石川五右衛門」を何度か演じてきたが、公演を重ねるごとに、物語や演出がスケールアップ。海老蔵演じる大泥棒の五右衛門が中国に渡って活躍、宙乗り、大立ち回り、大掛かりな舞台転換などで話題になった。

「-外伝」はより壮大な展開になる。海老蔵は五右衛門を演じ、中山は「-外伝」のオリジナルキャラクターを演じる。

もともと「ABKAI」は、若い世代にもっと歌舞伎を楽しんでほしいとの趣旨で始まった。4回目を迎え、舞台、音楽、映像分野で幅広く活躍する中山が出演することになった。

中山は「海老蔵さんと一緒の舞台に立てる日が来るとは思ってもみませんでした。今から緊張していますが、すばらしいチャンスを無駄にしないようとことん学ばせていただき、精いっぱいお稽古したい」とコメント。海老蔵とは初共演。すでにあいさつを済ませ、中山は「オーラの輝きに圧倒され、少しでも近づけたらと心から思いました」と話した。

海老蔵は「若い方々に歌舞伎をもっと知っていただく良いチャンス。中山優馬さんにも参加いただきますので、とても楽しい舞台になるのではと楽しみにしています」。ほかに中村壱太郎、市川右団次らが出演。

全文は以下にて。

情報源: 中山優馬が歌舞伎初挑戦「緊張」海老蔵と初共演 – ジャニーズ : 日刊スポーツ