中居正広くん 今井雅之さんとは最悪の出会いを経て親友になった

36

日本最後の野生のコウノトリ生息の地として知られる兵庫県豊岡市――ここが5月28日に大腸がんのために亡くなった俳優・今井雅之さん(享年54)の故郷だ。

5月30日、同市内の斎場で今井さんの告別式がしめやかに営まれた。「当初は親族だけの密葬の予定でしたが、地元の住民や東京のスタッフなども駆けつけて、約80人の弔問客が今井さんとの早すぎる別れを惜しみました。 最後に彼のお兄さんが、今井さんが原作、脚本、主演を務めた舞台『THE WINDS OF GOD』の名セリフ“肉体は滅びても魂は滅びない”を引用して挨拶すると、会場のあちこちからすすり泣く声があがりました」(出席者のひとり) 斎場には数多くの供花が並んでいたが、その中に「中居正広」の名前もあった――。

SMAP・中居正広(42才)と今井さんと言えば、1996年に放送された人気ドラマ『味いちもんめII・京都編』(テレビ朝日系)での共演をきっかけに20年近く親交を深めてきた仲だ。今でこそ親友というふたりだが、当初は犬猿の仲だった。中居は今井さんと共演した番組で、当時のことをこう振り返っている。「ぼくは当時22才でしたけど、今井さんはエラい怖いのよ。挨拶してくれないからね。“おはようございます”って言ったら、舌打ち返してくるから…。連続ドラマ4か月ぐらいやってて、3か月ぐらいしゃべってくれないからね」

一方の今井さんもこう反撃する。

情報源: 中居正広 今井雅之さんとは最悪の出会いを経て親友になった│NEWSポストセブン