中居正広くん父 1人では歩けぬほどの体で紅白リハ見学

85

中居正広(42才)が、5月9日放送のラジオ番組『中居正広のSome girls’ SMAP』(ニッポン放送)で、2月19日に父・正志さん(享年79)が2年間のがん闘病の末に亡くなっていたことを明かした

正志さんを病魔が襲ったのは、2年前の2013年2月のこと。肺がんが見つかり、翌3月に片方の肺を全摘出する手術を行った。

「手術は成功したんですが、その年の秋頃にリンパへの転移が見つかり、放射線治療を余儀なくされたそうです」(中居家知人)

中居父子の苦難はさらに続く。翌2014年5月には喉頭がんも発覚する。正志さんは、喉頭がんの手術を繰り返し声帯を切除、飲まず、食わず、しゃべれずの3か月間を過ごす。

「喉を取っちゃって、空気が漏れちゃうからしゃべることができない。(体重も)80kg近くあったのが、すぐもう50kg台になって、40kg台になって…。これはつらかったね…。もう何にもやってあげられないからさ」

前述のラジオで、当時をこう振り返った中居。

「このとき、中居くんはSMAPの5大ドームツアーの真っ最中で、全国を飛び回り、超多忙だったんですが、時間を見つけては病院に駆けつけていました。退院後に“食べたい物リスト”なんかを一緒に作って、正志さんを励まし続けたんです」(前出・中居家知人)

中居の献身的な看病もあってか、昨年11月、退院することに。

「自宅療法に切り替えてからは、正志さんは喉に痰が詰まることに苦しめられました。痰を吸い取らないと呼吸ができなくなってしまうため、ほぼ毎日のように 病院に通ったそうです。正直、中居くんら家族にしてみれば、入院してくれた方が肉体的には楽なんですけど、正志さんが入院を嫌がり、家にいたいと望んだた め、家族みんなで支えたようです」(前出・中居家知人)