世界の中心でダメ出ししてやりたい

10

ゆうべ、新堂本兄弟を後回しにして、見ました「セカチュー」。
えっっ?って感じニョロ
いつ盛り上がるのか、いつ泣かせて悲しい頂けるのか、ずーっと待ってたんですけど、いちいちあり得ないシチュエーションのオンパレードで突っ込み疲れしょんぼり、そして「のったり」と、さも芸術的映画のようなスピードで進行していくテンポ&映像に、最後までいやいやノーノーながら付き合ってみたのですが、一番感動したのはエンドロール唖然。お世話になっている方々のお名前がチラホラ見受けられたのと、バックに流れる平井堅さんのボーカルが素晴らしい拍手。映画よりあの曲だけの方がずっとドラマチックで感動的だよねYES!
で、なんであんな映画にお金お金が払えるのだろう(作る方も、見る方も)?
そして、なんであんな映画が大ヒットしてしまうんだろう??
世の中はよっぽど、どうかしてると思いますショック
「セカチュー」ファンの皆さん、ごめんねイヒヒ