三宅健のラヂオ Vol.81

16

本日の東京地方はエライ風がビュービュー吹いて強風寒うございますね。夜はすこぶる冷えそうだなぁ・・・しょんぼり
ラヂオのレポの前にゆうべのフレンドパークの感想をば楽しい・・・って、やっぱ長くなるからやめた。ラヂオレポ書いたあとに別欄で書く事にしますね。
はてさて、今宵の三宅健のラヂオのオープニングは「何度メールしてもちっとも採用してくれないから怒りマークハガキでお便り書いた」方からの投稿からスタートしました。手書きが幸いして見事採用桜。健ちゃんいわく「手書きは採用される確立も高い!」とのこと。皆さんもご参考あれ。
大人の番組を目指しておりますニコニコ三宅健のラヂオ(というキャッチコピーを自らつけてタイトルコールをしておりました)の最初のコーナーは「三行ポエム」。ここで最も私が気に入ったフレーズは、お母さんから言われたという方からの”だいじょうぶ、明日になれば今日は昨日”というひと言グッド。こういう言葉を子供に言える親御さんってステキだよね男。でも、逆にさぁ~明日になって欲しくない今日ってのもあるよねYES!モグモグ
いつもより早めに曲へと進行。
今夜は(心の声nextまたかよびっくりミスチルの「1999年晴れ夏沖縄」。「今のボクの気分に合っているから」ということで選曲したそうですが、私にとっては吉田拓郎って印象の曲でした(どっちがいいとも悪いともコメントしがたいですが冷や汗)。とりあえず、夏にかけたら良かったやねぇ~・・・おばけ
そして、後半では「LOVEハートマッサージ」という本(アマゾンのマッサージ部門で1位と言ってましたがマッサージ部門って・・・唖然
ふたりのLOVEマッサージ
ふたりのLOVEマッサージ
PAMPERO
健ちゃんがLOVEマッサージについて語るなんてときめき、もう本のタイトルを聞いただけでワクワクラブドキドキでござんす。もちろん、三宅さんも同じ気持ちのはずチョキ
照れ隠しなのか、自分の持ち込み企画ではないことを強調する為なのか「いろんなマッサージがあるけど、これはどんなマッサージなのかなぁ?とか、ひと際声のトーンを上げて芝居がかったお声で紹介開始。「あれっ?ポイント別性感マッサージぃ・・・」と言い放ってからは、ついにニヤニヤ声イヒヒに変身。そして、お尻のマッサージについて懇切丁寧に読み上げてました。
「性感が高まってきたら、お尻をわしづかみにして揉みしだくと股間に新鮮な空気が入り・・・くっくっくモゴモゴ・・・この先は言えないよねラッキー、要らないよねラッキー、だって女性○器がひっぱられるのでって・・・てれちゃう汗って読んでんじゃん!!
あー、一体この数分間だけで彼は何度『性感』という言葉を口にした事かラブラブラブラブ・・・YOUはまたひと皮剥けたねニョロ
「パンティラインを撫でるのもいいんだって楽しい。パンツじゃなくてパンティですからね楽しい。三角ラインはお尻側でも感じるポイント!だってさ楽しい楽しい」。
そして、マネージャーを実験台にして女性スタッフに施術させてましたふぅ~ん。そして散々喜んだりマネージャーくんに注文をつけた挙句「ボクの意思じゃなくてノーノー本に書かれていることを読んでるだけですからね-失敬だなぁ困惑-アイドルのイメージガタ落ちだよ」と、またまた芝居がかったお声。最後にマネージャーくんに「バカだね、キミもパクッ。でも、これは大切なことだよ。仕事も頑張るグー、そっちの方も頑張るグー。なっ!人として」と説教たれてましたグッド
「すべてはエロに支配されている」とまで唱和させ「でも、ボクが(こういう本を)紹介すると爽やかでしょ嬉しい!?何だろ、このフレッシュな感じよつばのクローバーと言い切りました。・・・まぁ、それはそうさ、確かにそうだけどバッド
とても充実した内容だった(と言い放つ私は生粋の三宅ファン撃沈今夜のキーワードは『あいうえお』の「あ」。
アータタタタタタタタタタ(北斗の健じゃねぇや「拳」)の「あ」でした。