三宅健のラヂオ Vol.53

15

冒頭はイタリア旅行中飛行機のリスナーからのエアーメールメールピンクを紹介。旅行中に「ダビデ像」を見ていたら健ちゃんが恋しくポロリなったのでお便りしました、とのこと(爆)。確かにねぇ~・・・分かってらっしゃるグッド。でも、健ちゃんはちょっと困惑しょんぼりしておりました。
今週は「節約術お金」のコーナーに来たアイデアを幾つか紹介していました。
中身を時々数えるといいとか、500円玉貯金は上手くいくとかetc…。
ここで健ちゃんさんらしい発言「でも、(500円玉とかだと)募金しちゃうんだよなぁ~。本当は募金は余裕のある人がすればいいんだよねぇ~。ボクもビル・ゲイツwinになりたいな」と。いえいえノーノー、余裕がないのに募金する清貧さこそ美しいおはなと私は思いますでござんすよ。
今でこそビル・ゲイツ氏も財団もって(Bill & Melinda Gates Foundation)チャリティー活動に熱心ですけど、その昔NYの野生生物豚保護団体に関わる方が「ビル・ゲイツが来て募金していったんだけど、たった10ドル怒り!」と憤慨していたことを思い出してしまいましたバッド
そして、後半に行く前に「来日中だから・・・」と言ってThe Rolling Stonesの名曲「Satisfaction」を流したのですが、思わず「来日中」のひと言で、まさかポール・ウエラー?と一瞬でもドキッラブとあたしは大バカでやんしたおばけ。健ちゃんがウエラー流したら世界地球は間違いなく変わるよね(笑)。
なぜ、彼がストーンズを流したのか?と言うと、何と!三宅氏はかのミック・ジャガーに出会ったそうですよびっくり。これがまたWhat a long storyなのですが、そもそも前日に1時間しか睡眠をとっていないまま知人とマチネの舞台を見に行ったそうです。それが、よりにもよって最前列だったらしく、眠気zzzに襲われて記憶を失うことしばしば。そして、眠いのにも関わらず舞台後にボクシングジムに行ってひと汗汗流し、その後舞台を一緒に見た知人と再び待ち合わせて壁掛時計夕飯を食べる約束をしていたんだそうです。だが、しかしもう眠くてふぅ~んたまらん健ちゃんさんは、約束を断ろうと思って電話ケータイしたところ「ご飯だけ食べりゃいいじゃん嬉しい」と説得され、行ったイタリアンレストランディナーでミックに会ったんだとか。
どうやら店の人がミックが来ていることを教えてくれたらしいのですが、健ちゃんのテーブルのすぐ後ろを通ってGO!店を出るところに遭遇。黒の上下にターコイズのスカーフをしてカッコ良かったらしいチョキ。しかも、お会計後に「ごそさん」(ごちそうさん)と言って帰って行ったんだってイヒヒ(これはちょっと笑える)。
なぜ、三宅さんがこの話を長々と時間をかけて話したかと言うと、要するに「あのまま眠気に負けて家に帰ってたらミック・ジャガーには会えなかった」ということなんだす。ふえっ唖然
今週のキーワードははひふへほの「は」でした!