三宅健のラヂオ Vol.24

16

なんかねぇ~、仕事しながら聞いてたもんで、何を話してたかあんまり覚えてないニョロ。私はひとつの事しかできない人間なんですよしょんぼり。「~ながら」は絶対ダメですね撃沈
今回はお便りメールブルーだけを紹介する日だったんですが、嫌な夢を見るというお便りを受けて、健ちゃんは「怖くはおばけないんだけどヘンな夢を見る」という話へ。移動車自動車に乗ってると、ゾンビになったメンバーが追いかけてくるんですって。で、最もひつこく追ってくるのがイノッチだとか楽しい。はたまた、巨大ロボットに踏みつけられそうになるスキー夢も見るんだそうで。
・・・夢まで小学生並み子供
まぁ、心理学かじった私の個人的な解釈から言わせて頂くと、相当なプレッシャーをお感じですなノーノー。追いかけられるとかジョギング、大きなものに襲われるというのは、自分が抱えている問題やハードルが大きくもがいている時に見るんだそうですよ。で、その相手が健ちゃんの場合メンバーですからねたらーっ、ここにひとつ負けず嫌いの顔が除きます見る。同僚の夢っていうのは、それに負けないようにしたいって願望があるか、それに追いつかれ追い越される切迫感があるやもふぅ~ん。あくまで、あたくしの勝手な分析ですけどね。
で、三宅さん眠ってらっしゃる時はイビキはかかない、寝返りも打たない、だがしかし口は開けて寝てるそうで。なんか死人みたいムニョムニョ
しかし、今回もまた母上女の話をされていましたが、いつも健ちゃんがお母さんの話をする時って「母親に厳しく言われた」とか「叱られた」って話が多いですね。それにしても小学生の時、虫歯になるから甘いものは一切食べさせてもらえなかったって話はゴイスーびっくりですよね。昭和40年代にもいませんでしたよ、そんな子(笑)。よっぽど厳格なお母上だったのでしょう。でもね、そうしてくれたから、歯医者いらずでいられるって彼も言ってましたけど、愛ラブがある躾は必ず後で感謝となって戻ってきますね。
今週のキーワードは【さ】でした!