三宅健のラヂオ Vol.107

19

レポを落とすために走り書いたメモ便箋を読み返してみると、ほとんど何が書いてあるのか分かったもんじゃないふぅ~ん(苦笑)。前は、もっとキチンと書いてたのにな~・・・バッド。番組がマンネリ化するにつれて、文字にも面倒くささが表れている豚(苦笑)。愚痴ってる割にはいつも長いレポになっちまうんだけど・・・。
最初のお便りは年上の塾の先生に恋したラブ乙女さんから「これは恋じゃなくて憧れ?」という内容。早速、三宅さんはやや暴走気味にこうまくしたてておりました。
「同世代にはない魅力ってのを年上の女性からは感じますからねぇモグモグ。包容力のある年上の人に憧れるのかも・・・でも、それは勘違いなのかな?とかね。でも、みんな勘違いですよ!。勘違いから始まるんでしょ!?。だって、中身すべてを知らずして勝手に好きになっていくんだから・・・。ボクのファンの人も勘違いしてるかもしれませんよイヒヒ。ボクらなんで大した人間じゃないのに10年もついてきてくれて。エロエコだの何だの言ってクレームもたくさん頂きましたよパクッ。その話をするまでは、そんな話をするような人だとは思ってなかったんでしょムニョムニョ。それはね、”勘違い”ですよ。でも、それも自分で選んだ道!。足下を掬われても仕方ないんじゃないですか?でも、最終的には誰かに救われますよ・・・て、オレが一番勘違いか?楽しい汗
まだ続く・・・しょんぼり
「ボクはこういうこと言う人大っキライなんですけど・・・あっ、大キライと言うよりあんまり好きじゃないんんですけど(言い直しても遅いてれちゃう笑)。アイドルで”ボクはみんなに夢を与えてる”って言う人。勘違いを提供しているようなもので撃沈。あっっ、今のも勘違いだったー」
どこまでが本音なのか分かりゃせんもん・・・ショック
そして「聞けてる聞き耳を立てるリスナー実態調査」へ。
元は岡田くんファンで、その後V6全員のファンになり(あり得ねぇ~ニョロ)、握手会で健ちゃんのキラキラビーム星にやられ、かつ環境問題に関心が高いところにも惹かれたとのこと。「何てったってアイドルですからねおはな、アイドルだって捨てたモンじゃないよーって思って欲しい」とのこと。
そして、小1になる娘さん子供が健ちゃんのファンだというお母さんから。
2才ぐらいの時にテレビテレビジョンを食い入るように見ていた娘さんの視界の先に「学校へ行こう」の温泉ロケ温泉の三宅氏がいたそうです。
「健たんオッパイおっきー」て、それ以来健ちゃんの裸を見るのが好きで、テレビに向かって「健くん裸になーれっ!っておまじないをしてるんですって。
明らかに母親の血が濃いな、この子・・・たらーっ(笑)。
そりゃね、あたしだって「脱げー、脱げー」って、おまじないしてますよニコニコ、ってか三宅ファンはみんなしてるでしょ、普通にチョキ
ここで三宅氏のコメント「ここんとこ良く裸にさせられて嫌なんだよーしょんぼり。困ったなぁ~・・・ここだけの話、ボク筋トレとか大ッキライなのノーノー。この仕事してなかったら右手にマクドナルドハンバーガー、左手にコーララテ&ドーナツCDだよ」
あたいは【今日も】右手にマクドナルドハンバーガー、左手にコーララテでした(テヘッポッ
そして、ELTの「Times goes by」という曲を聴いてから、いろんな音楽を聴くようになり、V6の曲が好きで健ちゃんを知ったという埼玉県の男子男からのお便り(どっから来るか分かんないねぇ~びっくりグッド)。これには「ELTと言えば、この間10周年記念のライブを見に行きましたよGO!。ELTがきっかけなのか~、ELTさんありがとう!ケイタ*くんありがとう!(*=お便りくれた男子)
次に先日見たという映画映画「あひると鴨のコインロッカー」について。
「すごいおもしろかった拍手。今年1番じゃないかなー」と言うことで、メインテーマとして使われているボブ・ディランの「風に吹かれて~Blowing in the wind」を流しておりました。
「映画見終わってCD買いたいなーって思ったくらい」というディランの曲ですが、この曲って中高生の英語の聞き取りにいいんじゃないかしらね。
最後には実家が能登半島で地震に遭われてたという方からのお便りを受けて、防災についてうんちくを語っていたましたが、詳しく書くと長くなりそうなので気になる方は公式サイトをご覧下さいまし。
今週のキーワードは『たちつてと』の「と」。
戸越神社の「と」って言ったように聞こえたんだけど・・・戸越と言えば神社じゃなくで「銀座」だよね!?
アイドルハーレムのトップページへ>>>