ブラジル戦視聴率は低調

5

ブラジル戦視聴率は低調14・1% – ライブドアニュース.

全文↓

14日、TBS系で生中継されたサッカー日本代表の第4戦、国際強化マッチのブラジル戦(シンガポール)の平均視聴率は14・1%だった。

 注目のブラジル戦だったが、香川真司(25=ドルトムント)が離脱し、本田圭佑(28=ACミラン)と長友佑都(28=インテル)はベンチスタート。試合はFWネイマール(22=バルセロナ)に4ゴールを奪われ0-4と惨敗した。

 9月5日のウルグアイ戦(札幌)は13・6%、同9日のベネズエラ戦(横浜)は15・0%。10月10日のジャマイカ戦(新潟)は15・0%だった。

(関東地区、ビデオリサーチ調べ)