フジ背水の陣 相葉雅紀くん「月9ドラマ」の仰天制作費

65

凋落著しいフジテレビが背水の陣で臨んでいるのが、4月で30周年を迎える月9ドラマ「貴族探偵」だ。嵐の相葉雅紀(34)を主演に、武井咲、生瀬勝久、井川遥、滝藤賢一、中山美穂、松重豊、仲間由紀恵ら豪華キャストが出演する。驚くのは1本当たりの制作費だ。

「全て込み込みで1億円超は確実です。相葉のギャラだけで1本300万円超。他のキャストを加えると1本当たり2000万円は軽く超える。これに人件費、美術、技術……などなど、もろもろを入れると恐ろしい金額になるそうなんです」(制作関係者)

ちなみに、他局のドラマ1本当たりの制作費はいくらなのか。

「ゴールデン・プライムの時間帯限定ですが、NHKが1本5000万円から。TBSとテレ朝が4000万から5000万円前後。テレ東が3500万円から。日テレは2000万から3000万円前後といった具合です。今回、月9が30周年という節目と、ジャニーズ事務所からのプレッシャーでここまで金額が膨らんでしまった」(前出の制作関係者)

全文は以下にて。

情報源: フジ背水の陣…嵐・相葉雅紀「月9ドラマ」の仰天制作費 | 日刊ゲンダイDIGITAL