ヒットへ執念 木村拓哉くん将来占う2作品の豪華すぎる共演者

48

ファン投票によるSMAP最後のベストアルバムの発表をNHKの「ニュースウオッチ9」のトップで扱うなど話題も冷めやらぬ矢先、満を持して木村拓哉(43)の話題が登場。SMAP解散後初の主演ドラマと映画の共演者が明らかになった。

「豪華すぎる共演者」は目を見張る。医師役のドラマには竹内結子、松山ケンイチら主役クラスが並ぶ。用心棒役の映画「無限の住人」には“朝ドラ”で話題になった役者に、市川海老蔵の初共演。役者として独り立ちする木村の門出を祝うようなキャスティングは期待の表れと見る向きもある一方で、野球のように「落とせない一戦」の強い思いが伝わってくる。

解散を巡り木村はジャニーズ側に付き、一部から「裏切り者」のレッテルを貼られた。ジャニーズとしてはなんとしても木村を守り、役者として成功させなければならないスタートの年。力が入るのも道理だが、共演者頼りの側面も見え隠れする。巷でも「キムタクのファンではないけど、豪華な共演者なので見たい」といった声を聞く。今後は宣伝活動も活発になるだろうし「なにがなんでもヒットを」という思いは木村や制作側にあるだろうが、逆に「これでヒットしなかったら」という重圧もかかる。

まずは共演者で目を引いたが、最近ヒットしたドラマ・映画は内容にある。木村が主演するTBS・日曜9時枠のドラマでは昨年、阿部寛主演の「下町ロケット」が記憶に新しい。さほど名のある役者は出ていなかったが、中身の面白さで大ヒット。映画に転じれば、今秋公開された渡辺謙主演の「怒り」では、宮崎あおいら演技派ぞろいの共演者が全員、主演のような内容で見応えがあった。

これまで「キムタクを演じているだけ」と言われてきた木村。今回、根底に見えてくるのは「脱・アイドル」。従来のファンだけでなく、幅広い客層の獲得を狙っていると思われるが、ドラマは、はやりの医療物。映画も復活の兆しのある時代劇。カッコいい医師とイケメン顔に刀キズを付けてワイルド感を出した用心棒役。どこまで“キムタク色”を消せているかがヒットのカギを握る。

全文は以下にて。

情報源: ヒットへ執念 キムタク将来占う2作品の豪華すぎる共演者 (日刊ゲンダイDIGITAL) – Yahoo!ニュース