テラフォーマーズ 初週苦戦か?? 意見が二分

107

TOHOシネマズのみの初週ランキングでは、テラフォーマーズは初登場7位にランクイン

実写映画『テラフォーマーズ』が4月29日に公開された。映画を見た観客が映画レビューサイトに続々と感想をつづっている中、実写映画『進撃の巨 人』シリーズと同じく最低評価と最高評価が多い状況になっている。また劇中で続編を予感させるセリフが展開されたことで、原作ファンが悲鳴を上げている。

主演・小町小吉(こまち・しょうきち)の伊藤英明(40)を筆頭に、武井咲(22)や小栗旬(33)、ケイン・コ スギ(41)、山田孝之(32)ら豪華な俳優陣が揃った『テラフォーマーズ』。映画評論家や試写イベントの観客の評判が低い本作だが、全国で公開がスター トして各種レビューサイトに続々と感想の声が集まってきている。

特徴的な傾向は、最低評価が最も多く、その次に最高評価が多いこと。前評判通り、「観客 を馬鹿にするな」「この監督の名前は生涯忘れないと思う。悪い意味で」と失望感や怒りをぶちまける非難が出ている一方、「映像が凄かった」「最後まで楽し めた」と絶賛する擁護もあり、評価が真っ二つになっているのだ。そして、その間の一定程度の評価が少ないという、奇妙な事態になっている。

昨年夏に公開 された『進撃の巨人』シリーズでも似た現象が起きた。このときは「無料チケットが配布され、高評価レビューをお願いされた」というウワサが流れていた。

全文は以下にて。

情報源: 原作ファンからは悲鳴?実写映画『テラフォーマーズ』の評価が二分 – エキサイトニュース(1/2)