ソチ オリンピック 壮大なドラマでした

7

終わってしまうとあっという間でございました。
ソチ五輪。

新設された競技も含め、様々な競技を楽しませて頂きました。

その中でも私にとっての一番のドラマだったのが、フィギュアスケートでした。

特に、浅田真央選手ね。

オリンピックじゃなくても、
普通の国内外の大会で彼女の滑りを見てても、
涙なしでは彼女の演技が見れない事が多いのに、

あのショートの後に、あのフリーの演技。

日本中が嬉し涙に包まれましたよ。

国民の期待を一身に受けて挑んだショートが、あの結果で・・・

もう、茫然としましたもん。
彼女もそんな感じでしたが、

そして、私は思っちゃいました。

もう、イイよ、真央ちゃん。
頑張ったよ
十分頑張ったから
もうチャレンジしなくてもイイよって
そんなに自分を追い込まなくてイイよって

つまり、彼女をあきらめちゃったんですよね。
見ている方が

だって、緊張して、緊張して、
あまりに無情で
見届ける勇気がなくなっちゃったんだもん
期待するより、あきらめて見た方が楽って
思っちゃったんだもん。

そしたらさ、あの完璧な演技で・・・・

もう、本当に嬉しかったです。

この人は本当に強い
逞しいんですよね

どうしたら、あのどん底からあのハイレベルへ一夜で這い上がれるのか???
当日の練習も精細を欠いてたというのに、

私らフィギュアファンは彼女の苦労を見てきたじゃないですか?
お母様の事も含め・・・
トリプルアクセルだって、
確実に飛べないんだから、飛ばなくてもいいじゃん
絶対じゃないんだからさ
他の選手みたいに、もっと安全で無難な方法で高得点取ろうよって
思っちゃうんですが、

でも、彼女はこだわるんですよね。
意志の力というか
使命感のような
彼女のスケーターのしての存在意義なんでしょうね

まぁ、トリプルあきらめた真央ちゃんなんて
真央ちゃんじゃないんですけどね。

あんなにふわっとした
菩薩様みたいなやわらかいお顔立ちとソフトヴォイスなのに
出て来る言葉はいつも自分に厳しくて、言い訳もなければ、ごまかしもない
でも決して自分をあきらめない
そう、彼女は自分の力をあきらめないんですよ。
すごいと思いませんか??
誰が納得しても
自分が納得するまで挑戦し続けるあの姿に
私は何より心打たれるんです。

そして、きちんと結果を出している。
素晴らしい人間力の持主ですよ。
心より尊敬します。

今回はメダル以上の結果を出せたと思います。
少なくとも、私達の様にずっと真央ちゃんを見守って来たファンにとっては
素晴らしい思い出が出来ましたもん。
あのショートがあったから、あの最高のフリーがあった
正にドラマです。

高橋大輔選手も、私達ファンと一緒に彼女の演技を涙を流して見守っていたんですね。
同業者の彼が一番シンパシーを感じるのでしょうね。
その姿を見て、また泣けて、
色々な角度で報じる特番見る度に、何度も泣けちゃいました。

ソチで見守っていたファンの方たちも
号泣して、言葉が出せない方もいらっしゃいましたよね?
本当に日本中が彼女に励まされた朝でした。

挑戦する事の素晴らしさを学んだ朝でした。

спасибо, Mao!

There is only one Mao Asada.