ソチオリンピック Hot Cool and YOURS!!

10

Алло!

待ちに待ったソチ冬季オリンピック
開会式も素晴らしかったですね~
芸術性も高かったし
シルクドソレイユみたいな完成度でした。

選手入場も近未来的で予想外だったり
個人的にはロンドンオリンピックより全然良かった。

そして何と言ってもフィギュアスケート!
これぞヒューマンドラマですよね・・・。
「ラッシュ」みたいなライバルの攻防もあって。

羽生結弦くん vs パトリック・チャン みたいな。

いや~、それにしても男子フリーは
何とか眠気と闘いながら、
週末だからと頑張って明け方まで起きていた訳ですが、
サッカーワールドカップ決勝戦より緊張した。
いや、決勝戦のペナルティーシュートアウトぐらい緊張した。

町田樹くんの演技も堂々としていて
本当に感動的で、
ショートで落とした点をなんとか、と頑張っているのが伝わってくるような
気持ちが入った演技でしたし

高橋大輔くんはね、
期待が大きかったんですよね、個人的には
でもね、
ちょっと届かなかったですよね。
彼の演技が終わった時点のランキングで
メダル外が決定した時なんざ、
ちょっとこみ上げてくるものがありましたよ。

残念は残念でも、
次に羽生くんが
そう、
ゆづりんが、結果を出してくれると信じていましたから
なんたって、ショートの演技では
団体<個人で
あの余裕の空気でしたからね。
まぁ、日本が金・銀・銅と3つ取るのは無理になったとしても、
金1つは最低でも、確定済みだろうと思って余裕で見てたわけですよ。

そんな彼が歴史的に金メダルを取る瞬間が見たくて起きてたわけですが、

なんとしょっぱなまさかの転倒・・・

しかも、その後のなんくるないトリプルフリップでまさかの2度目のお手付き・・・

もう、悔しくて悔しくて、

勝手に涙がボロボロ出てきて、

悲鳴すら出ませんでした。

完璧絶望的になって、

シルバーだって、すごい!
シルバーだって、たいしたもんだよ!
シルバーだって、全然イイよ!すごいよ!

と、何度もつぶやいて、自分に言い聞かせてしまってましたもん。

しかも続いたパトリック・チャン氏の最初のコンビネーションジャンプが超絶品クラスで

その瞬間、やはりシルバーになっちゃったよ、と・・・・

日本が金とか、
初オリンピックで金とか、
やっぱそんなフェアリーテールはないんだよ、と

またもや自分に言い聞かせていた最中に、

なんとパットちゃんまでもがじぇじぇじぇの転倒!!

少し望みがつながった矢先に、またもやジャンプ失敗、その後更にお手付き・・・
と、

・・・・いや~、わからんもんやねぇ。

とにかく、この二人の光芒を涙なくして見られなかったっす

お酒も飲んでいたからかもしれませんが・・・

でもあーしは、パトちゃんが転倒した時「Yeah!」とはならなかったですよ。

だって、ゆずっちが転んだ時と同じ心境の落胆感を味わっている人が沢山いるって
思ったすもん。(←珍しくおとな!)

しかし、ショートにつづき、ゴチになりました。
プルコとパットちゃんの助けもあって

男子フィギュア界初の金メダルですよ。

もう、超感動した。
超ハラハラした。
でも、超嬉しいです!!!

ゆづりんが、パトちゃんの結果をモニターで確認していた時に
英語でAm I first?と訊いて、その後 Am I the first?と言ってたんですけど、
この2つのフレーズだけで、英語が出来る事わかっちゃうよね。

それにしてもプルシェンコは残念です。
高いリスクを負ってまで、ロシアの為に団体のショートとフリーに出て
団体では金メダルを取ったけど、個人は棄権しなくてはならない結果に終わったなんてね。
メッシですよ。
おっと、滅私ね。

もしプルシェンコが万全のコンディションで個人戦も出たとしたら
メダルの順位やプレッシャーももっと違ったレベルになってたかもしれませんよね。

どうでしょ?

ちなみに、
もう、あんなジェットコースターのような思いはしたくないので、

女子はライブで見ない事にしました。

翌朝結果をチェックします。

真央ちゃんの成功をあまりにも熱望しているが故
ライブで見る勇気がないす。(そう、腰抜けなんです、あっしは。)

北野武さんも仰ってましたよ
わざと他の番組見てテロップが出るまで待つって
怖くて生で見る勇気がないって

恵俊彰さんも、羽生くんが転んだとき、思わずテレビのスイッチ切っちゃったって
ほんと、期待し過ぎると怖いですよね。

特にフィギュアは演技が長くて繊細だから
一番ハラハラしますよね。

では、また来ます。

до свидания