スープも冷めない仲 長瀬智也くんと堂本光一くんが至近距離のマンションに住んでいた!

86

きのう9日、TBS系連ドラ『ごめん、愛してる』がスタートした。主演は、TOKIOの長瀬智也。幼いころに母親に捨てられ、その後、韓国・ソウルの裏社会で生きてきた主人公・岡崎律を好演している。

長瀬といえば、ジャニーズ事務所に入所したときは、まだランドセルを背負っていた小学生。のちにTOKIOとなる最年長の城島茂とは8歳の年齢差があるため、城島は親同然で接していたという。デビューから23年で、1度も長瀬を叱ったことがないのは、そのせいだ。

そもそも長瀬は、弟気質。10代のころには、特上カルビ26人前を完食。おごった東山紀之は当時、事務所関係者から「TOKIOとV6がいなければ、あなたは一軒家を建てられた」と言われたほど、とにかくよくおごった。その総額は、驚異の5,000万円というウワサだ。

そんな長瀬の大の親友といえば、KinKi Kidsの堂本光一。同学年で、10代からの親友だ。まだ合宿所生活だったころは、いつも一緒。驚くのはこの2人、生まれて初めてラブホテルに行った相手でもあるのだ。

まだ15、6歳だったある日、KinKiのふたりと長瀬で遠方まで釣りに行った。到着したのは、ド早朝。田舎だったため、時間をつぶすためのコンビニやファーストフードが見当たらない。唯一あったのは、ラブホ。仕方がない。男3人で入室した。当然、3人とも初体験。回転ベッドを回したのは、長瀬。そのベッドの上でテンションが上がりまくった3人は、ずっとはしゃいでいたという。

長瀬と光一の仲の良さは、誰もが認めるところ。光一が初めてひとり暮らしをしたとき、いちばん最初に入室したのも長瀬だ。このころ、長瀬はトイレで用を足すとき、ドアを開けたままにして、「姿が見えないとさみしいから」という理由で光一を見つめる、ヘンな癖を発症させている。

現在はともに、都内の高級住宅街でひとり住まい。光一は、駐車場代が月およそ6万円で、浴槽にはLEDライトが埋め込まれており、ボタンを押すとムーディーな光に包みこまれるという、超リッチな生活。リビングのホームシアターは、ボタンで上から降りてくる仕組みになっており、想像通りの豪華さだ。

そんな“リアル芸能人”光一の近所に住んでいるのが、長瀬。「最近光一くんの家に、箸をいただきに行きました」というほど近いようで、「(箸を)2膳くれた」という光一の優しさにメロメロのご様子。

ラブホで回転ベッドを共にした相手が今では、スープの冷めない距離にいる。美しい男性が育む友情のすべてが、絵になる!

http://npn.co.jp/article/detail/06383983/