スマホに慣れたよ!

24
 スマホに変えて1ヶ月が経過しまして・・・。

最近は発熱もおさまり、バッテリーについては節電のコツが分かってきたのと、予備としてチャージャーを持ち歩くことで、何とか精神的に楽になりました。

まだ、数々ギモンはあれど、2年間どうにかおつきあいできそう。

さて、10月クールのドラマがスタートしていますね。
とりあえず初回を見たのは

「PRICELESS」
「遅咲きのヒマワリ」
「東京全力少女」
「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」
「MONSTERS」

といったところでしょうか?

でもって、2話以降も見ると決めたのは「遅咲きのヒマワリ」と「ヨシヒコ」かな~。「MONSTERS」はPちゃん可愛いし、蒔田脚本も悪くないんだけど、大野くんの「鍵のかかった部屋」の二番煎じみたいに思えるし、「鍵のかかった~」と比較すると、出演者に魅力がなさすぎるかな。でも、日曜の夜なので清盛終わりにダラダラと見てしまいそう。

「東京全力少女」は言わずもがな塚本高史が出ているので、頑張って2話まで見ましたが、きのう見事に3話を見忘れた。・・・ってことは、もうどうでもいいやって(笑)。渡部篤郎さんはいいんだけど、武井咲ちゃんが食傷気味。しかも、高史も三浦翔平くんも出番が少な過ぎ!

「PRICELESS」は、その前に放送してた、おぐりんの「リッチマン~」にどことなく似通った気がしちゃって、初回が余りにもダラダラしてて面白くなかったんで、多分もう見ません。私はリッチマン~も「ソーシャル・ネットワーク」のパクリでストーリーは全く感心しませんでしたが、おぐりんと新くんという役者に引き込まれて見ていたので、やっぱドラマ全体の力量という点では「PRICELESS」は今ひとつのような気がします。

逆に「遅咲きのヒマワリ」はキャストがみんな芝居が巧いし、地方ロケということで映画っぽくもあり、それだけで魅力がありますね。脇の役者もみんなイイ!だから、特にとりたてて好きなキャストがいるわけじゃないけど、今後を期待させる空気がムンムンしてるので、2話も見たい!!って気にさせてくれました。

ヨシヒコは語る必要ないよね!(笑)。週末に頭のネジをポーンとゆるめてくれる作品なので、これはもう別腹。言うたら前クールでヤスが主演してた「ドラゴン青年団」も充分好きだったもん、わたし。視聴率は天文学的に低かったけど(笑)。あれほど低い数字って逆に説得力あるよな~って(笑)。もはや、視聴率なんてスポンサー企業以外に何の意味も持たないのに必要なのかしらね?

あと、もう放送は終わっちゃったんですけど、NHKで「つるかめ助産院」ってのがありまして、仲里依紗ちゃんが主演で溝端淳平くんだの中尾明慶くんなんかが出てた沖縄(八重山)が舞台のドラマだったんですけどね、無類の八重山好きな私には大満足なドラマでした。ホロっとさせられちゃったりして、やっぱりこういう作品は無条件にいいですね~。

って、またエラそうにドラマ批評なんてしてみました~!

あーっ、10/30も大開運吉方位日なので、みなさんお忘れなく!!

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ