ジャニー社長SMAP頭文字で感謝 「素晴らしい、メモリー、ありがとう、パワー」

15

ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(85)が13日、昨年をもって解散したSMAPについて初めて言及した。ジャニー氏はこの日、都内で行われたタッキー&翼の滝沢秀明(34)主演舞台「滝沢歌舞伎2017」(4月6日~5月14日、東京・新橋演舞場)の取材会に出席。結成から28年、輝き続けたSMAPの頭文字を取って「(S)素晴らしい、(M)メモリー、(A)ありがとう、(P)パワー」と感謝の言葉を贈ると同時に、5人のソロでの再出発を激励した。

SMAPの解散・分裂騒動が報じられてから丸1年が経過したこの日、ジャニー氏が“わが子”への思いを自ら切り出した。

「僕は(解散の詳細は)何も知らないですから、正直なところ」と前置きした上で、「SMAPは頭文字を取るとさ、『(S)素晴らしい、(M)メモリー、(A)ありがとう、(P)パワー』でSMAPなんだよね」と名付け親らしくグループ名をもじり、惜別の言葉を贈った。

1988年4月、ジャニー氏が「Sports Music Assemble People」の頭文字から命名してグループは産声を上げた。結成から28年。バラエティーの道を切り開くなど、後輩に輝く背中を見せ続けた国民的グループへ心から感謝した。「パワー」にはファンを元気づけたこと、ソロ活動でもファンを勇気づけて欲しいとの激励を込めたようだ。

ジャニー氏がSMAPの話題に触れたのは、昨年5月に解散は「ありえない」と明言して以来、8カ月ぶり。違った結果になったことについて、「僕はその時点ですべて正直に言ってますから。なんの嘘もない。だけど、時と場合によってニュアンスが違ってくることもあると思います。それは謝りたい」と謝罪した。「世界に一つだけの花」購買運動や存続を願う37万の署名が集まるなどファンの悲しむ声には、「僕も同じ。悲しい」と話した。

解散日の大みそか、木村拓哉(44)以外の4人が食事会を開催などメンバー間の分裂が取り上げられてきた。5人と事務所は9月に契約更新を迎え、6月までに退社の意思表示がなければ自動更新となる。

中居正広(44)ら4人が今年、独立するとも一部で報じられる現状に、ジャニー氏は「それぞれの気持ちがある。だけど、みんな、そんな出ていくって言うことを前提に話はしてないと思いますよ。そんな野暮(やぼ)っちい人間、タレントじゃない」と独立を否定した。

全文は以下にて。

情報源: ジャニー社長SMAP頭文字で感謝 「素晴らしい、メモリー、ありがとう、パワー」/芸能/デイリースポーツ online