ジャニーズに醜聞続出メリー副社長の“統治力”に翳り!?

127

ジャニーズタレントのスキャンダルが止まらない。

『週刊新潮』がV6・森田剛(37)の女優・宮沢りえ(43)宅へのお泊りを報じたかと思えば、関ジャニ∞・大倉忠義(31)と女優・吉高由里子(28)のバリ島への2泊4日の旅行を『フライデー』がスクープした。

「森田は上戸彩(31)を皮切りにモデルから一般人まで女の話は事欠かなかった遊び人。事務所も突き放したように、宮沢との件は『プライベートなことは本人に任せている』とコメントした。ただ、宮沢は7歳の子供もいるし、今春、離婚が成立したばかりで、結婚はない。大倉と吉高は7月に熱愛報道があった時は『友達の1人』と否定。その後“別れさせられた”とも言われていた」(スポーツ紙記者)

かつては「鉄壁のガードでスキャンダルを封じてきた」(同前)ジャニーズだが、今年は“綻び”が見える。

「7月に嵐の二宮和也(33)とフリーアナの伊藤綾子(35)との熱愛が発覚。9月はHey! Say! JUMPの伊野尾慧(26)とAV女優のシンガポール旅行が報じられた。山下智久(31)は石原さとみ(29)との結婚話まで流れている。ここまでのスキャンダル流出は以前は考えられなかった」(芸能デスク)

一体、何が起きているのか。「ジャニーズはこれまでメリー副社長がタレント管理を徹底的にやってきた。タレントもメリー氏には一目を置き、メリー氏の統治する力は凄かった。しかし、SMAPの解散騒動でメリー氏が黒幕と報じられ、タレントの間でも動揺が広がった。事務所に対する不信感を持つ者もいるそうです」(民放関係者)

そうした状況を立て直すことにも苦労しているようだ。「SMAP解散騒動でダメージを受け、メリー氏自身にも今までのようなパワーもなくなっていると言われています。メディアに対する強権的なコントロールも弱まりつつある。しかも、事務所は本格的にメリー氏から副社長の娘に“政権交代”する準備中。今は屋台骨である嵐の管理だけで精一杯だとされます。実際、二宮は別れさせられましたが、大倉は交際を続けていた。他のグループにまで細かく目が届かず、グリップが利いていないのです」(芸能関係者)

全文は以下にて。

情報源: ジャニーズに醜聞続出メリー副社長の“統治力”に翳り!? | THIS WEEK – 週刊文春WEB