ジャニーズと”共演NG”が続出?山田涼介くん「月9」惨敗の波紋広がる

66

10月17日より放送がスタートした、Hey! Say! JUMPの山田涼介(23)が主演を務める月9ドラマ『カインとアベル』(フジテレビ系)の初回放送の平均視聴率が、8.8%であることが18日わかった(ビデオリサーチ調べ・関東地区・以下同)。この初回視聴率は、昨年7月に同時間枠で放送された『恋仲』の9.8%を下回り、月9最低視聴率を更新。期間平均視聴率が月9最低となった春ドラマ、『ラヴソング』でさえも初回視聴率は10.6%を記録しているだけに、周囲からはこの不調さにため息が聞こえているようだ。

本作は、旧約聖書の兄弟物語『カインとアベル』が原案で、仕事や恋に悩むヒューマンラブストーリー。その中で山田は、兄と比較されて何をやっても認めてもらえない主人公を演じている。「夏の月9ドラマ『好きな人がいること』は、恋愛テイストを全面的に押し出したライトなドラマでしたが、今回の月9はこうしたラブストーリー要素を押し出すことはなく、骨太さを重視したなストーリーが描かれるようです。主演の山田も落ち着いた演技を見せているため、視聴者にもじっくりと良さが浸透していけばいいのですが」(芸能記者)

山田にとっては、フジテレビのドラマ出演は2008年のスペシャルドラマ『古畑中学生』以来となる。同局の中でも花形枠の月9において、序盤からあやしい雲行きでスタートした『カインとアベル』だが、キャスティングが非常に難航したという情報が伝えられている。

全文は以下にて。

情報源: ジャニーズと”共演NG”が続出?山田涼介「月9」惨敗の波紋広がる – エキサイトニュース(1/3)