ジャニーズが今最も恐れるのはスターダスト・超特急!? 三代目JSBの大躍進に「焦り」も

81

ももいろクローバーZの弟分として、現在人気沸騰中のメインダンサー&バックボーカルグループ・超特急が “異色”な戦略を図り話題になっている。 超特急は2011年に結成した7人組の男性グループで、先輩であるももクロと同じスターダストプロモーション所属。“超特急”という電車をモチーフにしたグループ名で、メンバーには号車番号が振られており、ファンを「8号車」の愛称で呼び親近感を与えているという。超

特急が注目されることとなったきっかけは、「ダンサーをメインにし、ボーカル2人を後ろに立たせるという今までにない戦略方法を取ったこと」(芸能ライター)といわれているようだが、彼らがそういった手法を用いたには理由があるという。「超特急は、CDジャケットに“非アイドル”と書くなど、アイドルではないことを全面的に主張しています。それはやはりジャニーズのことを気にかけているようです。

ジャニーズといえば、過去にw-inds.やWaTといった、イケメングループに圧力をかけて露出を制限させたといわれていますが、スターダストはそれを恐れて、事前に『アイドルではない』と主張しているのでしょう」(同) 具体的に、“非アイドル”としてどのような売り方をしているのだろうか? 若手イケメングループに詳しいライターは次のように語る。「スターダスト所属なのでビジュアルもそこそこいいのですが、ダンスに白目をむくフリを入れるなど、アイドルっぽさを消そうとしているなと思います。『ジャニーズに比べると質が落ちる』という声も聞こえてきますが、AKB48メンバーの選考と同じく、『クラスで3番目にかっこいい子』を集めた雰囲気があるため、ファンにとっては馴染みやすいのかもしれませんね」

現在では、ジャニーズと超特急を始めとするスターダストの男性グループを掛け持ちするファンも少なくないという。

情報源: ジャニーズが今最も恐れるのはスターダスト・超特急!? 三代目JSBの大躍進に「焦り」も|サイゾーウーマン