ジャニーズ、7月新ドラマは「イケメン&EXILEに惨敗」! “ジャニーズ枠”廃止の痛手

172

福士蒼汰主演の月9ドラマ『恋仲(仮)』(フジテレビ系)、窪田正孝&山崎賢人出演の『デスノート』(日本テレビ系)など、続々と新情報が明らかになっている夏ドラマ。春はSMAP・木村拓哉主演『アイムホーム』(テレビ朝日系)、嵐・相葉雅紀主演の月9ドラマ『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)、山下智久主演『アルジャーノンに花束を』(TBS系)とジャニーズから豪華メンバーが登板しているが、7月期はジャニーズファンにとって寂しいラインナップとなっている。

7月にスタートするゴールデン・プライム帯の夏ドラマは、福士や『デスノート』の2人、EXILE・AKIRA主演『HEAT』(フジテレビ系)など若手のイケメン俳優がメインで起用されるほか、西内まりや主演『ホテルコンシェルジュ』(TBS系)には三浦翔平、杏主演『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)は成宮寛貴が第2話から準レギュラーとして登場する。

すでに発表されているドラマでジャニーズタレントが主演を務める作品は、少年隊・東山紀之主演の“水9”ドラマ『刑事7人』(テレビ朝日系)のみ。『HEAT』にはAKIRA演じる主人公・池上タツヤが勤める不動産会社の社長役でSMAP・稲垣吾郎が出演し、V6・森田剛は堤真一主演『リスクの神様』(フジテレビ系)で8年ぶりの連ドラ出演を果たすが、どちらも主演を脇で支えるポジションだ。

情報源: ジャニーズ、7月新ドラマは「イケメン&EXILEに惨敗」! “ジャニーズ枠”廃止の痛手|サイゾーウーマン