ザテレビジョン第85回ドラマアカデミー賞 天皇の料理番 ようこそ、わが家へ アイムホーム アルジャーノン

48

日本の料理界の頂点に立った男の苦闘と栄光の軌跡を描いた「天皇の料理番」が作品賞、主演男優賞、助演男優賞、助演女優賞、脚本賞、監督賞の6部門を制した。明治後期から大正・昭和にわたる3時代を壮大なスケールで描き、「画面から噴き出してくる役者・スタッフの熱量がすごかった」と高評価。また、各部門でサスペンステイストの作風で視聴者をくぎ付けにした「ようこそ、わが家へ」「アイムホーム」などが健闘した。

情報源: 第85回ドラマアカデミー賞 | Smartザテレビジョン