クロサギ 2話

10

Pちゃん鳥、やっぱかわええときめき
男くささをアピールしてはいるものの、私の目にはそんな彼の姿もプルップルで可愛く見えてしまう~ポッ。彼と同年代(もしくは年下?)の女子には、やはり男らしく映っているのだろうか?
でも、ナイーブさをチラッと見せる場面では”いい顔”してますねグッド。声も低いから冷徹な感じは出てると思うけど、やっぱね顔が人懐っこい犬から不利なんだよなぁ。言わせてもらうと、詐欺師を詐欺するような腹の据わった人間が、出会って間もない女の前で涙冷や汗見せたりは絶対しないと思うんだけどな・・・うんしょんぼり。もし、これがハリウッドならば顔では泣かず、心で泣く演技をさせると思います。日本の演出は「分かりやすさ」重視なんだろうなくもり。主人公の心の奥まで覗いてもらえるほど視聴者側も感心がないと思うしおばけ
Pちゃんと小山くんとの絡みは、現実でも同じ大学学校に通っているせいか説得力が増した気がしますね。その割には同じユニットのメンバーって意識もあまりせず普通に見られました。ただね、小山くんの演技が少し不自然なんだよねムニョムニョ。ヘタってんじゃなくて、むしろ上手いくらいなんだけど、若い子があんなに芝居がかった会話はしないと思うんだよな汗。金曜10時の演技でお願いしたかったです。
しかし、驚くのはびっくり堀北真希ちゃんの演技。
売れっ子さんだしね、話題の映画やドラマにがっつんがっつん出演されていたので、それはそれは良い女優さん女になったのだろうと思い込んでいたのですが(何しろ私が彼女の演技を見たのは「Cosmic Rescue地球」と「野ブタ。豚」だけですので・・・)、なんか期待が外れてビックリしちゃいました!(Sorry)。
ストーリー自体にもっと厚みがあればいいのになって思いますけど困惑、でも原作がこういう展開なんでしょうから、色を付けるにも限界があるのかな~。