“キーマン” 木村拓哉くん、ラジオで重い口を開く「不安なのは一緒」 

52

SMAP継続の鍵を握る“キーマン”が、重い口を開いた。 関係者によれば、木村くんは報道翌日の14日に同番組を収録。騒動を心配するファンに向け、冒頭で「今週、いろんな報道が出まして、本当にみなさんのことをお騒がせしています」と謝罪。メンバーの中で初めて騒動について言及した。 続けて「ちゃんといつか自分の言葉で話せるときが来たら、そのときはこの『WHAT’S』で話をさせていただきたいと思います」と真摯に理解を求めた。リスナーを乗組員にたとえ、「このままキャプテンを信じてついてきてください!!」と明るく呼びかけた。

メンバーで1人だけ、SMAPの育ての親である女性チーフマネジャー、Iさん(58)の独立計画に同調せず、恩義あるジャニーズ事務所に残留することを決断した木村くん。SMAP騒動収束に向け、メリー喜多川副社長(89)と直接会うことができない4人との橋渡しになれるのは彼しかおらず、まさに鍵を握る存在としても注目される。

情報源: “キーマン”キムタク、ラジオで重い口を開く「不安なのは一緒」 (2/2ページ) – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)

木村くんの呼びかけに過剰な期待はしないまでも、信じたいですね。