アントキノ指輪をはめたい

41

最近、邦画2本見ました。

岡Dと山DのSDPさん主演映画で、しかも同じ日に公開。
初日舞台挨拶は、どっちにするか3秒迷って、「指輪」を選ばせていただきました。

岡Dも山Dも、どちらも大好きな私ですが、

岡田将生くん主演「アントキノイノチ」の舞台挨拶は、あまりにも朝が早すぎたので、

山田孝之さん主演「指輪をはめたい」の舞台挨拶参加の方を選ばせて頂きました。

映画については、どっちもどっちという感じ・・・。

全くテーマが違う2作ですが、見終わった時に特にこれといった満足感や感動もなく・・・

見る前から、予告などを見ても期待が持てず、
映画を見て、あーやっぱり・・・という感じでございやした。

「アントキノイノチ」にしても、「指輪をはめたい」にしても、主演の二人がたっぷり出ずっぱりなので、彼らのファンなら、そういう点には満足を得られるかと思います。

まず、「アントキノイノチ」についてですが、

やはり前評判どおり、岡田将生の演技は素晴らしかったです。

ものすごく難しい役だったと思います。
でも、作りすぎず、オーバーアクトもせずに、すんなりと永島杏平役になっていた。
それは、まーくんだけじゃなくて、他のキャストの人もとても素晴らしかった。

榮倉奈々さんもホント良かったし、原田泰造さんも実に良い役者だって事を再確認できたし、若手の松坂桃李くんも、「東京島」でも独特の存在感を醸し出していた染谷将太くんもちょっとしか出てなかったけど、素晴らしかった。

特にこの染谷くんは期待大の役者さんですね!

役者の演技が申し分ないだけに、ストーリーといういうか、構成というか、
なんか、見ていて煮え切らないというか
納得がいかない点があまりに多くて、
正直見ているうちに、どんどん不快感が募るばかりでした。

実際、不快なシーンが多いわけですよ。
このストーリーの行きがかり上ね。
まぁ、小心者の私は、
特に最初の数件の遺品整理のシーンはほとんど薄目で見てたんですが、
あれらのシーンを通して、人の命の尊さや大事さ、人間の尊厳が描かれているとはとても感じ取れませんでしたね。

単に悪趣味というか、グロテスクというか、
見たくない、知りたくない現実を敢えて映像化して、
社会に訴えてるんだか、なんだかわかりませんが、
不快感を押し付けてるとしか感じませんでした。

死んだら人間はあーなるって
なんだか孤独死を劣化しているようにも感じて、ただただ恐ろしかったです。

加えて、杏平が松坂桃李くん演じるいじめっ子・松井と山の頂上で繰り広げるシーンも、
ただ単に、その映像を見ている人に極上の恐怖を与えるように駆使しているだけで
杏平の心の葛藤や殺意、その根拠などの深層心理を描いてないのも残念でした。

なんか山のシーンは、すべてが唐突でした。

まぁ、勿論、後に繋がってはいくんですが、
その繋がりも微妙でね・・・。

将生はすばらしいんですけどね・・・。

そもそも、いじめっ子松井が、何故いじめっ子なのかも省略されてるし
生徒が1人自殺にまで追い込まれてるってのに
何故彼が原因である事を皆が認知していても、彼に対して誰も何もしないのか、
全く以って腑に落ちないし、説明不足だし、
私も杏平以上に納得できませんでしたよ。

ただなんかストーリーを面白おかしくしているだけ、みたいな感じで。

榮倉奈々さんが演じたゆきもさ、
男性恐怖症の割には、杏平をテルホに連れこむし、
自分からキスしちゃうし、
なんかこの辺もあまりに唐突でしたよ。

分かりますよ、彼女の心理も
試したかったんだと思いますよ。
でも、あの描き方だと???
かなりの想像力を要求されます。

また、ゆきが男性恐怖症になった事件についても、なんだかなぁって設定で。
加害者が同級生とか、文化祭で遅くなってとか、
なんかその設定、ちょっとありえなくね?って感じがしちゃいましたね。
せめて教師や補助教員やスポーツクラブのコーチとかってんだったら、
なんかもっと合点がいく感じがしましたが。

まぁ、とにかく大雑把というか
あらゆる点において雑な映画と言う印象でした。
なのに、変なとこだけ丁寧だから、反感抱いちゃうんですよね・・・・

「指輪をはめたい」は、まぁハリウッド映画にもよくあるような話ですよ。
ラヴコメというか、ラヴファンタジーというか、

なんか感想もろくにもてないとういか、
でも監督さんが女性で、ものすごく真摯な態度で挨拶と感謝の言葉を述べてらしたので、
毒も吐いたから可哀相な気がするので、やめます。

まぁ、見たら楽しい映画ではあると思いますよ。

山田くんも可愛いし。

相変わらずのモテモテキャラだし。

とにかく、私は山ちゃんが小西真奈美さんと同じ画面にいるのを見ると、無性に早く家に帰って「ちゅらさん」を見返したい!って、思っちゃうんですよね。

あっ、あと、驚いた事!

女優さんが多い舞台挨拶ってあまり参加した経験がないんですけど、
結構コアなファンの人が来てるんですね!
しかも、すごい話しかけたりしてるので、ビックリしました。

そう!
女優さんが多く出てるので、客席に男性ファンが多かったですよ!!

あなたの知らない世界・・・・でした。

では、また。

K albumの感想やKinKiさんの出演番組の感想などは、
またのちほど。

多分明日の「FNS」はほどんどがヒマつぶしになると思うので、
その際に。

JUGEMテーマ:岡田将生