アントキノ嵐 コントキノ嵐 #arashi #arashicg

14

ども。

午前1時のキックオフまで暇なんでね。
どうか、お付き合いください。

今回はアントキノ嵐(楽曲編)についてたかりたい
じゃなくて、
語りたいと思いやす。

まずは僭越ながら、MY 嵐 ソング BEST 10 の発表!!!!
わいわいがやがや
ドンドン、パフパフ

って、どなたさんもわーしのベスト10には興味がないとは思いますが、

午前1時のキックオフまで暇なんでね。
良かったら、お付き合いください。

JUGEMテーマ:


 

10位 「とまどいながら」
ブレッキーブレッキ―マイラブとちょっと迷いましたが、
この曲のメロディーと歌詞の乗っかり方が素晴らしくて、大好きなんですよね。
ノスタルジックなメロディー、ノスタルジックな歌詞。
若さのとまどいが本当によく表れていて
5人のヴォーカルも初々しくて、一回聴いただけで直に心に響いた一曲でした。

9位 「truth」
これはさ、大野くんもなんで売れたか分かんないって言ってましたが、
確かにさわやか路線になってから、ちょいダークな曲調が来たのがむしろ新鮮だったんじゃないかと思いますね。
ドラマのイメージとのマッチしてるし、イントロのティンパニーとかが大げさに入ってる感じとかも斬新でキャッチ―でしたしね。
大野くんの線の細いヴォーカルや嵐の高低音域のヴォーカルのコントラストが楽しめるのも魅力的でした。
嵐のヴォーカルに演技力があって、音楽の負けてないのも秀逸です。

8位 「Walking in the rain」
当時はこれが好きで、カラオケ行くとこれを歌ってました。
「truth」と聴き比べると、彼らのヴォーカルが実に青々しい。
嵐としては珍しいR&B、ファンク路線のナンバーで、当時の彼らの実力からすると背伸びしてる感じの難しい楽曲だと思うんですが、それでも彼らが生意気な感じに歌いこなしてるのがイイ味なんですよねぇ。今聴いても大野くんのソロパートは、ゾクゾク来ますね。

7位 「君は少しも悪くない」
この曲大好きなの。この曲の全てが大好き。
もし私に文才があったら、この曲から派生したドラマの脚本を書きたいくらい。
歌詞がすごいドラマチックで、画が浮かぶじゃないですか?
『愛さなければ
愛されてない
この悲しみはない』
とか、ありきたりでストレートなんだけど、
なぜかこの曲のは、心に響くし、残る。
若い頃の恋愛の苦難のあれこれを思い出しますよ。
「甘えられると」からのミドル8のコードチェンジやヴォーカルもすごくイイんですよね。

6位  「感謝カンゲキ雨嵐」
これは、いまだにカラオケで必ず歌うの。不思議と高得点を得られるんです。
この曲のトランペットが好きなんですよね。オシャレじゃないの。全然。
でも、こう鳴って欲しい。ここで入ってきて欲しいってとこに入ってきてくれて、ほんとに気持ちがいい。
歌詞もすごく励ましてくれる系で、ジャニーズ的には良くあるんだと思いますが、この曲の歌詞は素直に受け入れられて、いまだに励まされる。
震災があった時の特番で、彼らがこの曲を歌って
「ガレキに咲いた花が ユラユラ見てる」
「誰かが誰かを 支えて生きているんだ  単純な真実が 傷をいやしてく」
「助けてくれた君は 同じ眼をしてる」
こういった歌詞にいちいち涙があふれ出ましたもん。

5位から1位はまたの機会に。
そろそろ番宣番組が始まりやすんでね。

って、別に楽しみにされる方もいないかとは思いますが、

毎晩午前1時のキックオフまで暇なんでね。
どうか、お付き合いください。

ほいじゃ。

JUGEMテーマ: