アゲ♂アゲ♂DJ OZMA

9

オバちゃんはなんだか疲れちゃったよ・・・ムニョムニョ
イベントそのものよりVelfarreというハコに自分がいることがね(笑)。
しかもよ、クラブだってのにノンアルコールNO!怒りマーク、ノースモーキングYES!チョキ
昼間だし晴れ未成年子供もいるだろうから仕方ないにしてもね、まずこういう場所に着たらばさ、朝だろうが昼だろうが一杯ビール引っ掛けたくなるじゃんかー。
まぁ、そんなこんなで会場内はぎゅうぎゅう詰め汗
私たちは空気が確保できるひな壇の上に陣取りまして、割と楽に見る事ができましたけどラッキー、フロントの花道回りの方々は見ているだけで息苦しそうプシューでした。
スタートで「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」のPVが大型のスクリーンに流れ出したと同時にフロアーもアゲupアゲup度が既にピーク!いつもにも増してキッシーズのパワーはスゴイ!(キッシーズって書いちゃダメなんかな!?
PVが終わるとヒスグラのピンク桜のTシャツにデニムのジャケットというラフな出で立ちのOZMAが登場グッド。専用のDJ卓がステージにドドーンと設置されて4~5曲DJの腕前を見せてくれました。その間アゲアゲダンサーズと呼ばれるおネェちゃん方女がくねくね踊りまくり。オンナがこんなに踊る様を見るのも久しぶりかもたらーっ(笑)。ステージ上でDJプレイを繰り広げるOZMAは、だくだく汗汗をかいてて、タオルで拭く、サングラスを上げる、ヘッドセットで音を確かめる、タバコを吸う、また汗を拭く、グラサン上げる、ヘッドセット・・・の繰り返し(笑)。かわいいイヒヒ
そろそろ、このルーティンに客がダレ始めた頃を見計らったかのようにDJタイムが終了。そして、OZMAのパートナーのPANCHOが紹介されて見事なダンスアンサンブルを披露チョキ。PANCHOのダンスはブレイク系。男性ダンサーをバックに従えてアディダスのジャージでキメキメ。途中、ちょっとバテた感じも否めませんが頑張った!!。そして、何よりPANCHOは堂々と素顔を晒しているのでお客さんは大興奮ときめき。しかし、彼のあの細かい編みこみヘイヤーはどうなってるんでしょうか!?。相当作りこみに時間がかかってそう。そして彼の余りにもタフな頭皮に拍手拍手拍手
PANCHOが英語でバトンタッチしたのは(是が非でも日本語しゃべんないとこが好き)夜王純一。もうね、聖也(北村一輝くん)そっくりで「みんなジュンって呼んでくれてイイぜ」なんてはマジホレそうラブ(ウソウソおばけ)。彼のパフォーマンスはヴォーカルカラオケ。だが、しかし、この曲って氣志團学園のあのコーナーあの人たちが歌っている曲では???
3人揃ったところで「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」に突入。いや、しかしこのなりきり様にはアタマが下がるね、ホントたらーっ。最後のキメは勿論スボンをずるりと下げてパンツいっちょノーノー。OZMAのパンツは一分丈のカートゥーン柄。PANCHOがボクサータイプでスマイル柄(ヒスグラ?)、そして当然夜王はハードな黒の(しかもテカってる)V字タイプ。星条旗のV字パンツ以来の衝撃でした(一応アレとは別人だけど・・・)。
当然、上も脱ぐんですけどね困惑
もーう、いらん~って感じくもり
同じ3人でもこの距離でカミセンのナマ脱ぎだったらと思うとラブラブ、エライ違いでっせ。PANCHOの肉体美には溜息も漏れ聴こえるほどでしたが(ウソウソ)。
一旦ハケたご一行様はアンコールの声に応えて(全バックダンサーを従えて)再び登場GO!。もう一度曲に行く前にダンス指導。この時、いちいちPAHCHOと夜王の手本を見て会場がキャーときめきキャーときめき叫ぶもんだから「OZMAを見て怒り、OZMAを見て怒り」とフロントマンご立腹(爆)。OZMAさんよー、結局この2人とやってる以上、キミは「また」一番にはなれないんじゃねぇのかい?と背中を叩いてあげたいパー瞬間でした。
「最後だから脱げ脱げ」というサインも会場に向けて出ておりましたが、脱いだのはステージ上のお三方ふぅ~ん。正真正銘のパンツいっちょ。輝・・・じゃなかった夜王なんかもうただの裸パクッ。そしたらバックダンサーのネェちゃん2人がパイオツをポロリんびっくり(もちろん仕込みだす)。同行したハーレムスタッフはOZMAのDJプレイの時から「なんか踊れてない素人みたいなオンナがいるんだよねぇ~バッド、なんであんたなん使っちゃったのかねぇ」と言っていたんです。
どうやら彼女たちはポロリ隊さくらんぼだったらしく、踊れないのも無理はないわけで。でもね、日頃「2ndハウス」で散々ポロポロ見せられているので、あたしゃ全く動じず豚。しかも、脱ぐんだろうなオーラも全開だったので「やっぱりなしょんぼり」って感じ。それより夜王の股間きのこレッドの方が断然気になるって!!
ついでに書かせて頂くと、このポロリ姉ちゃんたちを見抜いていたハーレムスタッフは、暫くの間PANCHOと夜王の正体に気づかず「途中で気が付いた!」とすっトボけたことを言っておりましたグッド。何しろ東京ドーム(in 2004)以来だそうなので・・・それにしても感覚麻痺し過ぎだっちゅーのたらーっ。ここに来てる以上「普通に」知ってるでしょうが。しかも私に向かって「ねぇ、最近会ったっけ?」などとかました。キャッツのロケ一緒に行ったんじゃね!?。ちょっと心配にもなってきた今日この頃撃沈
曲の途中でバズーカが登場して「オレたちからのプレゼントプレゼントだぜ」と会場に向けてぶっ放されると、いろんなスキャンティーポッたちがひらひらり。ハーレムの手の中にもヒラリ。もちろん、こんなプチぃケツは持っておりませんのでね、嫌味と判断して一生涯の思い出に取っておきまするぶー
▽戦利品(ジャニコンでは絶対飛んでこないのに冷や汗
OZMAからのプレゼント