ようこそ、わが家へ:月9監督 キムタク、堺ドラマをライバル視 視聴率上昇で「最後は刺す!」 

40

人気グループ「嵐」の相葉雅紀さん主演のフジテレビの“月9”ドラマ「ようこそ、わが家へ」の視聴率が、25日放送の7話で13.4%と番組最高を記録し、上昇の兆しを見せている。手掛けているのは「愛という名のもとに」「ひとつ屋根の下」「Dr.コトー診療所」などの名作ドラマを生み出した同局のゼネラルディレクター、中江功監督で、最終話の視聴率の目標を「20%」と宣言。「SMAP」の木村拓哉さん主演の連続ドラマ「アイムホーム」(テレビ朝日系、毎週木曜午後9時)と、堺雅人さん主演の「Dr.倫太郎」(日本テレビ系、毎週水曜午後10時)に対し、「絶対に負けるか。最後は絶対に刺すぞ!」とライバル心をむき出しにした。

情報源: ようこそ、わが家へ:相葉主演の月9監督 キムタク、堺ドラマをライバル視 視聴率上昇で「最後は刺す!」 – MANTANWEB(まんたんウェブ)