もう一度見たくなる映画「るろうに剣心」音楽も素晴らしいでござるよ。

25

佐藤健くん主演の「るろうに剣心」を見ました。
実は完成披露で見たのですが、映画を見るまでは全く興味がなかったんです。
ところが、映画を見たら、
これが素晴らしい出来で。

元々殺陣好きの私ですし
元々ポニーテール好きですし
映画見たら、
すっかり剣心さまに恋してしまいました。

特にラストシーンね。
薫どのが目を覚ましたシーン。
もうね、このシーンだけでも乙女心が揺さぶられ
すっかり剣心さまに恋してしまいました。

そうやって、映画の中のキャラクターに恋できるのも
役者の演技力があってこそ。

佐藤健くんの剣心は、本当におとぎ話のナイトみたいで・・・
そう、ある意味、剣心ってダークナイトな存在なんですよね。

映画は至ってシンプル。
タケちゃんも言ってましたが、
まさにエンターテイニング!
でも、それだけではなく
贖罪から逆刃刀で悪に立ち向かう剣心の姿に
ヒーロー的な美学を感じる事が出来るのです。

殺陣の見せ方も洋画のようで
外国人に分かり易く見せようとすれば
同時に今の若い層にも分かり易いと思うし
アニメのチャンバラ系のゲームファンも納得できるような
ライトだけど、押さえるところはきちっと押さえて
きちんと本物っぽく見せるてくれるから
大人が見ても楽しめる映画になっています。

「龍馬伝」でもお馴染みの大友啓史監督との事で
佐藤健くんの表情を熟知してるんでしょうね。
やわらかい表情も
怒りの表情も
悲しみの表情も
どの表情も素晴らしくて
大きなスクリーンでこそ見る価値がある
佐藤健くんの美顔に吸い込まれそうでした。

その他では、
今や私の中ですっかりおなじみになった
スター窪田正孝くんもちょこっと出ています。
最近はめっきり岡田将生くんのバーターとしての出番が増えてますが
彼も素晴らしい役者さんですよね。
彼はファンも多いし
時代劇から、ヴァイオレンス、そして舞台までこなしている器用さがあるし
今は「平清盛」でも重盛を好演しているので、時代劇はお手の物。
あの独特の存在感やハスキーヴォイスが
ちょっとクセのある役で活きていると思いました。
本作でも重要な役でしたが、
あーいう役のちょい出って
もし私が彼のファンなら
正直、嫌だな・・・

そして、最強のヴィランや
冷血なサイコパスを演じるならこの人!
と、いった感のある綾野剛くん。
彼もこの映画に美しい花を添えています。
細くて、
白くて、
何を考えているのか分からないような切れ長の目
日本の映画界にとっても逸材ともいえる
強烈なインパクトをもった役者さんですよね。
本作でもお得意の鋭敏なアクションが楽しめます。

そして、マイブームの青木崇高さん
NHKドラマ「はつ恋」で見せた繊細な表情とは真逆な
ストレートで無骨な筋肉キャラクターを演じています。
役者ってほんとおっそろしいですよね。
こんなにも違うんですから・・・。
彼と須藤元気さんとの一騎打ち!!!
かなり激しかったです。

ところで、青木さんってSDP所属なんですね。
てことは、今回のマサ(窪田くんね)は彼のバーターなのかしらね??

唯一江口洋介さんの斉藤一は、ちょっと違うかったって印象がありました。
だって、江口さんてどんな役でも同じ演技でしょ・・・
救命救急とかは良いけど、
その他も皆おんなじなんだもん・・・・

ところで、映画だけでなく
エンディングテーマもすごく印象深いのでござるよ。
なんと、元ジャニーズ
元NEWS
の森内貴寛くん率いる
アミューズ所属の
ONE OK ROCKの
「The Beginning」というトラックなんですけど

これが超かっけーんす。

イベント前後にこの曲が場内でず~~~~っとかかっていたんですね。
あたしゃあ、アメリカのロックバンドの曲とコラボしているのかと思ったでござるよ。
まぁ、正直曲は普通のキャッチ―な王道路線で
ラルクでも、なんでもでありえそうな感じなんですけど、
ヴォーカルが飛び切り素晴らしいんす。
プロデューサーかミキシングが外国の方らしいのですが、
やっぱ違うよね。

ONE OK ROCKのTakaさんは、
タケちゃんも仲が良いって言ってましたが、
木村了くんも仲良しみたいだしね。
ツーショット写真が出回ってるし、
この前のラジオで彼らのトラックをリクエストしてたし。

なので、俄然注目はしていたのですが、
この「The Beginning」を会場で聞いてて
英語の発音は素晴らしいし
英語も何て言ってるか分かるし
その辺のなんちゃって発音じゃないし
ただもんじゃねーな、と思った訳ですよ。
そしたら、森内くんだったのね。
血は争えないでござるね。
こんなヴォーカリストに