お祝いしてきましたあ~~~~~

9


JUGEMテーマ:山田孝之

<2009.10.22更新>

誰もレポを待ってる人はいないと思いますが、 
勝手にレポらせて頂きます。
ジャニーズさんの現場とは相当違うんだなという事だけでも、ご参考頂ければと思います。
10月20日は記念すべき日になりました。 
六本木ヒルズのTOHOシネマズで開催されている東京国際映画祭の特別招待作品である「大洗にも星はふるなり」のプレミア試写+山田孝之さんのサプライズお誕生日会があり、私め参加して参りました。
最初に映画が上映され、その後に山Dだけがご登壇というメニューでございましたが、山Dにはお誕生日を祝うという事は全く知らされていなかったんだとか。また山Dは、監督やキャスト諸氏も駆けつけるという事も露知らずとの事で、上映前にサプライズの為のもろもろの指示がありました。
た~のすぃ~~~。
ちなみに肝心の映画ですが、実は正直なんも期待してなかったんですが、これが傑作でして。
「33分探偵」+「キサラギ」/ 2 
と説明すれば一番分かり易いと思いますが、かなり笑えます。
昨日見た「東京DOGS」(by 福田雄一氏)がちょっと期待はずれだったので、こっちが余計生えて見えました。いや、成宮くんは良かったんだけどねぇ~~。
やっぱ「大洗」組のキャストに比べ、小栗x水嶋コンビが福ちゃんのセリフに乗れきれてない気がしたす。
映画上映の後に大々的に紹介されて、髪を後ろに束ね、例の海の家のアロハ+Gバミューダ姿で山Dがご登場。
国際映画祭なので、外国人もちらほらいらっしゃるので、同時通訳も入ってました。映画も当然字幕版です。
開口一番「茨城(って言ってたような?)で、夜8時から朝の5時まで雨に打たれて撮影して3時間しか寝てないので、頭がパッパラパーですみません!」みたいな事を言ってました。
また、例の「やまだでーす。」と苗字だけを言う自己紹介も ←な感じでしてました。
確かに最初酔っ払ってるのと思うくらい、目が真っ赤で焦燥しきった表情でした。
疲れていたせいか「MW-ムウ-」の舞台挨拶時とは全然違うテンションでした。
映画の上映前に、スタッフの方から”エンドロールの時にサイリウムを準備して隠しておく”ように指示されていたのですが、別に隠さなくても山Dは例によって顎を引いて真下を向いたまま客席を見ようとしないので、全然楽勝だったと思いますが・・・。
ほどなくして、「たかゆきー!!!ハッピーハッピーバースデー!」と男性(ムロツヨシさん)の雄叫びが上がり、山Dはちょっとだけビックリして声のする方に顔を上げてましたが、ムロさんに続き、白石隼也さん、福田監督がサプライズで登場し、客席の通路を通りながら、客席に『Happy Birthday』のキューを出し、私たちは白のサイリウムを振りながら『Happy Birthday』を合唱しました。この段取りは事前に聞かされていたものの、いざ唐突に男性の大声が上がった時にはビックリしたんですが、山Dはきょとんとも、驚いた風でもなく、無表情な感じであの鋭い目つきで事の次第を黙って見つめてました。
ところで、私は
~Happy Birthday, Dear “ な~ま~え~“ 
のとこ、どういう風に歌うのか、実はずーーーっと気になって仕方なかったんですよ。
KinKiさんなら、「光ちゃん」とか「つよしー」とか、呼び方が決まってるじゃないですか?そういや、山Dって一体ファンから何て呼ばれてるんだろうって、思って。
初心者の私には分からないので
「や~まだ」?
「山田くん」?
「孝之くん」?
「孝ちゃん」?
「ゆっきー」?? 
なんて、ずーーーっと考えてたんですが、
キャストさんたちが「孝之!」と声を掛けていたので、皆さんとっさにそれに合わせようと統一した風に「た・たかゆきぃ~」って歌ってました。
大きなバースデーケーキが出てきて、デコレーションには、「十六茶」がKinKiさんのフィギュアのオマケになった事でおなじみのPanson Worksによる「杉本」くんのイラストを挟んで、イチゴが『26』と置かれていました。
ムロさんが、「これ、グッズになるんだよな!」とも言ってました。
そしてムロツヨシさんが、「孝之!これ、ロウソクないけど、消して!消して!」というので、ロウソクがある体で山Dがケーキに息を吹きかけてました。
山 Dは「今日は一人だから、ゆるくやって済ませて、”堂本兄弟”に行こうと思ってた」みたいな事を言ったので、福ちゃんから「今日はこれから”堂本兄弟”に映画の宣伝で収録に行くんですけど、事前にアンケートが渡されていて、”嫌いなこと”に”サプライズが何より嫌いです”と書いてあって、”やばっ”と思った」との説明がありました。
司会の方が、「でも山田さん嬉しいでしょ?」と迫ると、「嬉しいですよぉ、感動しちゃいましたよ私。ほんとびっくり。」言って、ムロさんに目線をやると「睨まれた!孝之の目が怖い!芹沢の目になってる!!」と。
ケーキが出てきたからといって、またムロさんが「Happy Birthday」をもう一度ちゃんと歌おうと提案して、皆で再度大合唱した時も、山Dのテンションが上がるでもないまま、また嬉しそうな表情をするでもないまま
そうこうしている内に、割れんばかりの大声がするので、上手を見ると本村弁護士が突然のご登場。ここから彼の仕切りで、山Dの公開裁判が行われました。
福田監督~白石さん~ムロさんの順番で、山Dが有罪になるようなエピソードを話し、最後に客席に有罪か無罪かをジャッジしてもらうという企画で、この件も事前に”有罪=ピンクのサイリウムを上げる”という段取りが決まっていました。
監督の有罪エピソードは、「稽古の時は、戸田さんが入ってくると、突然ハイテンションになった。ドラマ「BOSS」でもストーカーやってた!」というもの。
白石さんの有罪エピソードは、「戸田さんとの黒ビールのシーンのいやらしい表情は、演技ではなく素じゃないか」疑惑。
ムロさんのエピソードは、撮影中にムロさんがしつこく山Dの上腕を殴っても、彼は黙って20回まではこらえるというもの。21回目にパンチバックしてくるそうですが、それがすごい痛いと。
芹沢のパンチくらったら、たまらないみたいな事を言ってたような。
20回に対し、1回なんだから無罪!と山Dは無罪を主張していました。
そういや、誰かが山Dを陥れるコメントをする度に、山Dがその人を見つめるとみんなが「芹沢!芹沢の目!」みたいに恐れていました。
証言が続く間、山Dには審判を待つ時に使うような卓が用意され、「”百獣の王”(芹沢のあだ名ね)そちらの台へ」みたいにも紹介されてました。また、そこに立って証言を聞く時も、頑なに顔は上げないの。ずーっと下を向きっぱなし。
本村さんは何とか山Dのテンションを上げようと必死に喰らいついてくるんですが、山Dは終始ウザそうな表情で、どんなにカマかけられても、しらーっと冷たくかわしてました。
それでも、最後には本村さんの方を向いて、素の表情で「今日は、わざわざお越し頂いて」みたいなお礼を言ってました。本村さん、すごく頑張ってましたからね。てか、空回りしてた・・・とも言え・・ま・・すが・・
最後まで、山Dからは”Happy Birthday”な表情は見られませんでしたが、フォトセッションやムーヴィー撮りが終わった後、最後の最後にきちんと前を向いて、ハートに手を当ててトントンして、気持ちは伝わってるというしぐさをしてました。
光一さんが良くやるしぐさです。
これだけで十分ですよね。 
役に入っていただろうし、肉体的にも、きっと精神的にもお疲れだったろうに、彼なりに頑張りましたよ
そして、フィナーレでは銀テープまで飛び交って、山Dのテンションとは真逆のど派手な演出にちょっと苦笑(←わーしがね)。
他のキャストさんが愛想良く客席に手を振って去る中、山Dは客席はなるべく見ずに手だけ平行にぴらぴら振りながら、足早に去って行きました。福ちゃんは監督らしく、最後に一礼して去りました。
あんな調子で「新堂本兄弟」の収録できるのかしら?とちょっと心配になりましたが・・・・。
<<<<以下ちょっとした映画のネタバレご注意>>>>>

「大洗にも~」は、完璧「33分探偵」を意識しているので、「33分~」が面白かったと思う人には是非見てもらいたい映画です。
「大洗~」では、六郎ちゃんの役回りを弁護士役の安田顕さんが演じているのですが、ブルブルするカメラワークとか、セリフの感じとか、謎解きの時にカメラ目線になったりなど、「33分~」を見ていた人なら、お馴染みの技巧が盛りだくさんです。
更には「33分~」にも出てきた”ありえない回想シーン”もあって、これがまた傑作揃いでした。特に山Dヴァージョンは強烈です。
山Dももっともっとエグイ役かと思いきや、それほどでもなかったですね。ちょっとマッチョ過ぎな感じではありましたが、 あのひっつめ頭のシーンも少ないし、全般的に見所も多く結構男前です。
山本裕典くんと佐藤二郎さん以外は馴染みのない方ばかりでしたが、皆さん個性的な役者さんばかりで、リズム感がよく、全員のバランスも絶妙でした。
特に佐藤さんは素晴らしかったです。もう、笑ったのなんのって・・・
あとブラザートムさんの息子さんも出演してたのですが、彼もイイ味出してます。 中々の男前だし。
どうでもいいことですが、英語の字幕で「アメリカ」が「カナダ」って訳されていたのが不思議でした。
<<<<ネタバレ終了>>>>>

大洗のもらい物ウチワとピンクと白のサイリウム。
サイリウム振るのはDMBBライヴ以来ですわぁ。
銀テープさんは、ジャニーズさんのファンのように持ち帰る習慣がないらしく、めったくそに踏みつぶされて放置。
私はXmasツリーの飾り付けにでもしようかと思い、1つきれいなのを拾ったら、これが10Mくらいあって超長いの!!
 
山Dのお誕生日サプライズ山田孝之くん生誕26周年を祝福する為の段取りが書かれています。
プレゼントを用意してきた人は、受付に届けると必ずやご本人様に届けてくれるとのアナウンスもありました。知ってたらさ、NINのCD用意したのに・・・。
しかし、おジャニーズ様とは大違いですえ。
まぁ、それだけ絶対数が少ないという事でしょう。

KinKi you DVDうっきうき気分でヒルズを出たら、すぐ右手にKinKiさんの看板がお出迎え
ちょっとした罪悪感が・・・・

では、また来ます。
Wave Goodbye!
JUGEMテーマ:映画
JUGEMテーマ:ジャニーズ