あまりにも歪んだ愛を観るのが苦痛でした・・・<ネタバレ注意>

31

昨日「蒲田行進曲」を初めてみました。舞台が大の苦手な私ですが、知り合いが例のモニター招待状を頂いたという事でお誘いを受け、SHOCK以外の作品も後学の為に見ておこうと思い、行く事にしました。青山劇場自体も中に入るのは初めてだったので、興味があったので。
「蒲田行進曲」についても、つかこうへいさんについても、何の予備知識もなかったので、道々ストーリーを教えてもらいました。
劇場の中に入って、想像以上の大きさでびっくりしました。びっくり帝劇とあまり変わりませんね。
私が観劇した回には、草なぎくんをはじめとした有名人や業界の方がいらっしゃったみたいですね。会場がざわざわして、皆が同じ方向を振り返ってました。そのせいかどうかは定かではありませんが、開演が15分押しでした。
まず、インターヴァルがなくて、2時間半ぶっ通しなのにまず驚きました。そして、幕が上がると、セットもなければ展開も少なくて、あまりの低予算ぶりに驚嘆しました。びっくり別に豪華、お金をかけてる=良い舞台とは、思っていませんが、せっかくの広い青山劇場だというのに、小劇場の芝居を見ている様な雰囲気でして・・・。冷や汗
錦織さん以外衣装もほとんど変わらないし、まるで私の友人の劇団の公演を見ているのとなんら変わらない空気でした。びっくり
セットのない映画「Dogville」の話をこのブログでもしたと思うのですが、まさにあんな感じです。正直ストーリーも少し共通点がある様に感じました。閉鎖的な社会で渦巻く人間のエゴや残虐性を描いている点は、似ていたかもしれません。
ドッグヴィル プレミアム・エディション
ドッグヴィル プレミアム・エディション
それにしても、風間くん以外の人のセリフが全般的に非常に聞き取りにくく、その代償になる娯楽もあまりなかったので、正直3回くらいzzzになりました。楽しい汗工具
しかもセリフがいちいち長い!あまりの情報量なので、セリフについていくのが大変でした。?豚?
あと、Frankie Goes To HollywoodのチョキTwo Tribles」やTom Jonesの美容室Delilah」とかがフィーチャーされてたのですが、バッド!?
も少年隊の「仮面舞踏会」「君だけに」もフィーチャーされていましたが、それらは効果的と思えました。
Two TribesTwo Tribes
Frankie Goes to Hollywood
Reloaded: Greatest Hits
Reloaded: Greatest Hits
Tom Jones
それにしても圧巻なのは、風間くんの長セリフ!拷問?って位のボリューム悲しいそれにそのセリフの品格がdownムニョムニョ
後半のおよそ1時間位(?)は、延々と彼の独壇場なんです。その間出演者は、黒谷さんと風間くんだけ。でも、黒谷さんのセリフはそんなにないんですね。もう、風間くんばっかり!あまりに長いので、途中ストーリーを絡んだ給水タイムがあるびっくり。しかも、ほとんどのセリフが絶叫系で公開拷問を見させられている様でつらかったです。悲しい
また、女性(妊婦)への暴力と暴言が延々と続き、何度も席を立とうかと思う位、耐えられない時もありました。その他にも必要と思えない暴力シーンが多くて、理解に苦しみました。
デイヴィッド・リンチが描く倒錯した悪夢の様なシーンと共通点を無理やり見出してみたりしてみましたが、「蒲田~」のそれは、とても芸術とも現実とも解しがたい描写でした。
あと風間くんが「僕には華がありません」を繰り返し言わされるセリフは、正直不快感が募りました。ぶーだってイジメみたいなんだもん。
黒谷さんもがんばってたと思います。拍手よくあそこまで・・・びっくりと思える強烈なシーンも体当たりで演じてましたし。
アツヒロくんの演技は初めて見たと思うのですが、セリフは聞き取りにくかったですが、それ以外はさすが舞台を数多くこなしているだけあって、身のこなし等も素晴らしいと感じました。
錦織さんは、やはり貫禄があるし、立ち回りや殺陣などにも経験を感じました。主演と言っても出番はあまりなかったですけど。
実質的な主役は、やはり風間くんでしょう。何回かキャスト総出でダンスするシーンがあるのですが、錦織さんがバーンを真ん中のスターポジションに来て、風間くんは端に追いやられるんですが、最後には彼を見てあげなくちゃ可哀相となぜかしら思って見てしまいました。彼への拍手も沢山しました。
でもニシキの方が音が大きかった困惑
アンケートにも「よくわからない」にチェックしたのですが、本当に全く良く分かりませんでした。
階段落ちは、『滅私』『自己犠牲』のメタファーなんでしょうか?
「光一さんなら、1日2回やってるで!」とつい思ってしまう私でしたが。
では、また。